Ver.とある魔術の禁書目録Ⅲ 特集|| リセ オーバーチュア トレーディングカードゲーム

Ver.とある魔術の禁書目録Ⅲ 特集

Ver.とある魔術の禁書目録Ⅲ 特集

【サンプルデッキ】とある魔術の禁書目録限定 雪単デッキ
2019.08.29
8月30日(金)発売予定の「Ver.とある魔術の禁書目録Ⅲ」のカードを使用した、サンプルデッキ『とある魔術の禁書目録限定 雪単デッキ』のデッキレシピとキーカード、簡単なデッキの動かし方を解説していきたいと思います!
 
【サンプルデッキ】とある魔術の禁書目録限定 雪単デッキ

枚数 番号 カード名 Rare Ver
4 LO-1891 一方通行 アクセラレータ SR TOA
4 LO-1892 能力追跡 滝壺 理后 SR TOA
4 LO-1893 処刑塔の七つ道具 サーシャ=クロイツェフ SR TOA
3 LO-1903 妹達 ミサカ10777号 R TOA
4 LO-1904 学園都市最強の「超能力者」 アクセラレータ R TOA
2 LO-1905 アステカの魔術師 海原 光貴 U TOA
4 LO-1906 アイテム 滝壺 理后 R TOA
4 LO-1912 イギリス清教最大主教 ローラ=スチュアート R TOA
2 LO-1913 アニェーゼ部隊 アニェーゼ=サンクティス R TOA
4 LO-1915 神の右席 左方のテッラ U TOA
4 LO-1916 赤い戦闘修道女 サーシャ=クロイツェフ R TOA
3 LO-1918 エリザリーナ独立国同盟の聖女 エリザリーナ U TOA
3 LO-1920 天才ゴスロリ美少女社長 レディリー=タングルロード U TOA
4 LO-1991 アイテム U TOA
3 LO-1992 白い翼 U TOA
4 LO-1997 それぞれの道 U TOA
4 LO-1998 体晶 C TOA
 
4
4
4
3
4
2
4
4
2
4
4
3
3
4
3
4
4

 
【キーカード紹介】


[LO-1891 一方通行 アクセラレータ]
DMGが1になってしまいますが、味方キャラに[アグレッシブ]を与える能力を持っています。自身を含むAFキャラに宣言して、単純に1ダメージを稼ぐことができるだけでなく、使用代償に[T]を含む能力を登場したターンから使用できます。このデッキにはそういった能力を持ったキャラが多く採用されているので、試合を通して有効に活用していくことができます。また、DFキャラを対象に宣言した場合はそのキャラを未行動にできるので、[T]能力やサポートを使用した後のキャラに宣言することで盤面の隙を作ることなく戦うこともできます。

 
[LO-1906 アイテム 滝壺 理后][LO-1998 体晶]
《アイテム 滝壺 理后》は[T]能力で自分のデッキから「体晶」を手札に入れることができます。単純に手札が1枚増えるので、序盤の展開力を高めてくれます。「体晶」は相手ターン中、装備しているキャラにDP+1する効果を持っています。[手札宣言]で使用できるので、手札に持っていれば相手の突破に対する保険になりますね。


[LO-1916 赤い戦闘修道女 サーシャ=クロイツェフ]
相手ターン開始時に、味方DFキャラ1体を未行動にする能力を持ったキャラです。《一方通行 アクセラレータ》と同様に、自ターン中に[T]能力やサポートを使用した後のキャラを未行動にすることで防御にも回らせることができます。さらに、そのキャラにDP+1するので、相手に容易に突破させない硬い盤面を作りたいですね。


[LO-1915 神の右席 左方のテッラ] 
高めのスペックに加えて、列1つのキャラ全てにDP+1する能力を持っています。この能力値修正は相手ターン終了時まで継続するので、自ターン中にAFキャラの突破に使うと、同列のDFキャラの防御力向上もできる一石二鳥な効果になっています。能力使用後に他のキャラの能力などで未行動にしておけば、相手ターン中にも能力は使用できるので覚えておきましょう。


[LO-1893 処刑塔の七つ道具 サーシャ=クロイツェフ]
このキャラがダメージを与えれば、自身がいなくなる代わりに自分ゴミ箱のコストが4点以下のキャラを登場できる能力を持っています。
比較的展開のゆっくりしたデッキなので、このキャラから上記のような主力キャラを出すことが出来れば手札の節約に大きく貢献してくれます。《一方通行 アクセラレータ》と組み合わせればこのキャラが登場したターンから攻撃させることができるので、積極的に狙っていきましょう。
 
【デッキの特徴】
『とある魔術の禁書目録限定 雪単デッキ』は、強力な[T]能力を持ったキャラたちを、味方キャラを未行動にする能力を持ったキャラと組み合わせて運用し、盤面に隙を作ることなく能力を宣言していけることが強みのデッキです。展開は少し遅めですが、フィールドのキャラが揃ってしまえば無類の防御力を発揮してくれます。
 
【基本的な動き】

◆序盤戦

このデッキのマリガン基準は手札を増やせる《アイテム 滝壺 理后》、と、《一方通行 アクセラレータ》や《赤い戦闘修道女 サーシャ=クロイツェフ》などの主力となるアタッカー、それらを探せる《それぞれの道》辺りになります。
まずは、《アイテム 滝壺 理后》に加えてアタッカーを展開しつつ、少しずつフィールドを埋めていきます。

◆中盤戦

フィールドを埋めて防御を固めます。基本的にはDFキャラを倒されないように注意しながら相手の攻撃を受けていきますが、手札に余裕が出てきたら、相手DFキャラにサポートさせて行動済みになってくれればこちらの攻撃が通せるようになるので、ダメージレースを優先する選択肢も視野に入れて動きましょう。

◆終盤戦

《イギリス清教最大主教 ローラ=スチュアート》《アイテム》などの除去効果で相手ブロッカーを排除したり、《一方通行 アクセラレータ》による[アグレッシブ]付与や《アステカの魔術師 海原 光貴》によるデッキ破棄などで相手のデッキを削りきりましょう。
 
以上、サンプルデッキ『とある魔術の禁書目録限定 雪単デッキ』のデッキ紹介でした。
デッキの動きやキャラクターが気に入った方は、是非デッキを組んで使ってみてください!
今回紹介したのはあくまでもサンプルデッキですので、デッキを回しながら自分流にアレンジするのもオススメですよ。

(記事:リセエージェントD)
【サンプルデッキ】とある魔術の禁書目録限定 月単デッキ
2019.08.22
8月30日(金)発売予定の「Ver.とある魔術の禁書目録Ⅲ」のカードを使用した、サンプルデッキ『とある魔術の禁書目録限定 月単デッキ』のデッキレシピとキーカード、簡単なデッキの動かし方を解説していきたいと思います!
 
【サンプルデッキ】とある魔術の禁書目録限定 月単デッキ

枚数 番号 カード名 Rare Ver
2 LO-1889 一〇万三〇〇〇冊の魔道書 インデックス P TOA
4 LO-1894 幻想殺し 上条 当麻 SR TOA
4 LO-1895 禁書目録 インデックス SR TOA
4 LO-1921 不幸少年 上条 当麻 R TOA
2 LO-1922 鉄壁の実行委員 吹寄 制理 R TOA
2 LO-1925 数学教師 親船 素甘 U TOA
3 LO-1926 座標移動 結標 淡希 R TOA
3 LO-1927 窒素装甲 絹旗 最愛 R TOA
2 LO-1928 心理定規 ドレスの少女 R TOA
4 LO-1929 魔道書図書館 インデックス R TOA
4 LO-1933 神の右席 右方のフィアンマ R TOA
2 LO-1934 大天使 ミーシャ=クロイツェフ U TOA
4 LO-1993 幻想殺し U TOA
4 LO-1994 自動書記 U TOA
4 LO-1997 それぞれの道 U TOA
2 LO-1999 ベツレヘムの星 U TOA
2 LO-2009 ごく普通の高校生 上条 当麻 ST TOA
2 LO-2010 学園都市第三位の能力者 御坂 美琴 ST TOA
2 LO-2011 はらぺこシスター インデックス ST TOA
4 LO-2012 隠れ巨乳 五和 ST TOA
 
2
4
4
4
2
2
3
3
2
4
4
2
4
4
4
2
2
2
2
4

 
【キーカード紹介】


[LO-1929 魔道書図書館 インデックス]
このデッキのメインエンジンです。デッキを1枚破棄することで[月]コストを発生することができます。このコストはキャラの登場には使用できませんが、このデッキにはコストを要求する能力を持ったキャラやイベントが多く搭載されているので、使い道には困りません。
自ターンと相手ターン両方で使用することができるので、最大限活用できるような動きを意識したいですね。


[LO-1894 幻想殺し 上条 当麻]
ターン開始時に相手キャラのAPかDPを-1する能力に加えて、相手キャラ1体の能力を失わせる能力を持っています。数値操作能力だけでも非常に便利ですが、相手デッキの主力カードの能力を失わせることで、相手デッキに機能不全を起こさせることができます。とにかく場に出しておいて損がないので、積極的にプレイしましょう。

  
[LO-1933 神の右席 右方のフィアンマ][LO-1999 ベツレヘムの星][LO-1934 大天使 ミーシャ=クロイツェフ]
《神の右席 右方のフィアンマ》の登場時に、このキャラに《ベツレヘムの星》を装備することができます。
《ベツレヘムの星》は、上の宣言能力を4回使用することで、《大天使 ミーシャ=クロイツェフ》を無償で登場する能力を持っています。
この宣言能力はもちろん《魔道書図書館 インデックス》の能力から発生するコストで支払えるので、ターンはかかりますが実質手札消費なしで《大天使 ミーシャ=クロイツェフ》が場にでることになります。一回だけですが《神の右席 右方のフィアンマ》の能力でもコストを発生できるのを忘れずに。


[LO-1921 不幸少年 上条 当麻] 
1度だけですが、自分のデッキから好きなキャラを探す能力を持っています。《魔道書図書館 インデックス》の能力から発生するコストで使用すれば単純に手札が1枚増えるだけでなく、状況に応じて場に出したいキャラを探せるのは非常に強力です。さらに、このキャラを手札のキャラと入れ替える能力を持っているので、そのまま探したキャラを登場することもできます。


[LO-1993 幻想殺し]
「上条 当麻」が登場していれば、相手の宣言をなんでも失敗させることができる強力なカウンターイベントです。
《魔道書図書館 インデックス》がいれば手札2枚で使用可能なので、ここぞという時に相手の思惑を打ち砕いてやりましょう。
 
【デッキの特徴】
『とある魔術の禁書目録限定 月単デッキ』は、《魔道書図書館 インデックス》のコスト発生能力を軸に、様々な宣言能力やイベントを駆使して盤面をコントロールしていくデッキです。相手の動きを阻害するカードが多いので、やりたいことをやらせないように動きながらじわじわと相手にダメージを入れていきましょう。
 
【基本的な動き】

◆序盤戦

このデッキのマリガン基準は《魔道書図書館 インデックス》またはそれを探せる《それぞれの道》《不幸少年 上条 当麻》になります。
まずは、《魔道書図書館 インデックス》を出しつつ主力となる《幻想殺し 上条 当麻》や《神の右席 右方のフィアンマ》などのアタッカーを展開します。

◆中盤戦

相手の動きに合わせて妨害効果やブロッカーを使い、相手の場の展開やダメージを抑え込んでいきます。《神の右席 右方のフィアンマ》が登場していれば、《大天使 ミーシャ=クロイツェフ》が登場できるようになるまでの時間を稼ぐイメージでより防御重視のプレイをしましょう。

◆終盤戦

《大天使 ミーシャ=クロイツェフ》が登場できれば、アタッカーを手札に戻しつつ連続攻撃で相手のデッキを一気に削りきりましょう。登場できない展開では、数値補正能力などを生かして相手ブロッカーを丁寧に突破しつつ防御を固めて、じっくりと戦うことが大切です。
 
以上、サンプルデッキ『とある魔術の禁書目録限定 月単デッキ』のデッキ紹介でした。
デッキの動きやキャラクターが気に入った方は、是非デッキを組んで使ってみてください!
今回紹介したのはあくまでもサンプルデッキですので、デッキを回しながら自分流にアレンジするのもオススメですよ。

(記事:リセエージェントD)
【サンプルデッキ】とある魔術の禁書目録限定 花単デッキ
2019.08.16
8月30日(金)発売予定の「Ver.とある魔術の禁書目録Ⅲ」のカードを使用した、サンプルデッキ『とある魔術の禁書目録限定 花単デッキ』のデッキレシピとキーカード、簡単なデッキの動かし方を解説していきたいと思います!
 
【サンプルデッキ】とある魔術の禁書目録限定 花単デッキ

枚数 番号 カード名 Rare Ver
4 LO-1896 打ち止め ラストオーダー SR TOA
4 LO-1897 天草式十字凄教 五和 SR TOA
4 LO-1938 二〇〇〇一体目の妹達 ラストオーダー R TOA
3 LO-1939 風紀委員 初春 飾利 R TOA
3 LO-1940 のんびりエリートメイドさん 土御門 舞夏 U TOA
3 LO-1941 生きる学園七不思議 月詠 小萌 U TOA
2 LO-1942 吸血殺し 姫神 秋沙 U TOA
4 LO-1943 人工天使 風斬 氷華 R TOA
3 LO-1945 歌姫 鳴護 アリサ R TOA
4 LO-1946 奥ゆかしき天草式の少女 五和 R TOA
2 LO-1948 天草式十字凄教 諫早 C TOA
3 LO-1949 天草式十字凄教 対馬 U TOA
4 LO-1950 元ローマ正教 オルソラ=アクィナス U TOA
2 LO-1951 アニェーゼ部隊 アンジェレネ C TOA
3 LO-1953 イギリスの第三王女 ヴィリアン R TOA
2 LO-1954 ロシア教会総大主教 クランス=R=ツァールスキー U TOA
4 LO-1997 それぞれの道 U TOA
2 LO-2000 男の夢 C TOA
4 LO-2001 聖人崩し U TOA
 
4
4
4
3
3
3
2
4
3
4
2
3
4
2
3
2
4
2
4

 
【キーカード紹介】


[LO-1897 天草式十字凄教 五和]
このデッキのメインアタッカーの一人です。このキャラにDMG-1し、未行動にする能力を持っています。
単にこのキャラで攻撃し、未行動にして再攻撃するだけだと2+1点のダメージになりますが、このキャラのDMGを他のカードで上昇させることにより、非常に高いダメージをたたき出すキャラに変貌します。[オーダーチェンジ]や自身のDMGに相手の効果で能力値修正を得ない効果も含めて、破壊力と汎用性を兼ね備えたキャラです。


[LO-1896 打ち止め ラストオーダー]
DMGが3以下の味方キャラのAPかDPかDMGを+1する能力を持っています。このようなDMG上昇能力を持ったキャラで、《天草式十字凄教 五和》のような強力なアタッカーを支援するのがデッキの基本的なコンセプトになっています。
さらにこのキャラは、このキャラに隣接していないキャラにもサポートを使用できるという能力を持っています。登場していれば、[サポーター]と合わせて攻防両面でバトルにかなり勝ちやすくなります。


[LO-1943 人工天使 風斬 氷華] 
高めの基本スペックに加えて、味方DFキャラの数分DMGが上昇する能力を持っています。DFにキャラが3体登場していれば、それだけでDMG5。このデッキは積極的にDFにDMG上昇能力を持ったキャラを展開していくので、非常に相性がいいですね。


[LO-1946 奥ゆかしき天草式の少女 五和]
このキャラがダメージを与えたとき、このキャラを未行動にできます。つまり、《天草式十字凄教 五和》と同様の連続攻撃が可能なキャラです。
《天草式十字凄教 五和》との違いは、こちらは未行動にしてもDMGが下がらない代わりに、最初の攻撃を通さなければ未行動にはできません。
加えて、このキャラを破棄することで味方キャラを相手の除去効果から守る能力を持っています。対《輪廻転生》デッキなどでは積極的に配置したいキャラです。


[LO-1938 二〇〇〇一体目の妹達 ラストオーダー]
《打ち止め ラストオーダー》と同様に、味方キャラにDMG+1する能力を持っています。登場コストが軽く、[サポーター]のコストも[D1]と軽いので、なるべくこのキャラを中央DFに配置して、手札を節約しながら展開したいですね。
 
【デッキの特徴】
『とある魔術の禁書目録限定 花単デッキ』は、味方キャラのDMGを上昇する能力を持ったキャラでDFを固めつつ、破壊力の高いアタッカーで相手に圧力をかけていくデッキです。1体でもアタッカーの攻撃が通っていればダメージ負けすることはあまりないので、しっかりと攻撃を通せるような布陣を心がけましょう。
 
【基本的な動き】

◆序盤戦

このデッキのマリガン基準は《天草式十字凄教 五和》などの主力アタッカー2~3体と、DMG上昇能力を持ったDFキャラを2~3体あれば問題ありません。《それぞれの道》はそれらの足りないものをデッキから探すことができるので、どちらとしてもカウントできます。
まずは主力アタッカーを1体に加えて、DFキャラを展開して相手のダメージを抑えていきましょう。

◆中盤戦

余裕が出てきたらさらにアタッカーを追加していきます。主力のアタッカーが止められてしまった場合は、味方を支援するキャラや《聖人崩し》などを駆使して突破していきましょう。

◆終盤戦

終盤に一気にダメージを入れたり、相手の攻撃手段を潰したりすることは苦手なので、序盤~中盤に作ったリードを守りきりましょう。最終的にはDFキャラを捨ててでもダメージを抑える必要があるので、そのタイミングを誤らないように注意しましょう。
 
以上、サンプルデッキ『とある魔術の禁書目録限定 花単デッキ』のデッキ紹介でした。
デッキの動きやキャラクターが気に入った方は、是非デッキを組んで使ってみてください!
今回紹介したのはあくまでもサンプルデッキですので、デッキを回しながら自分流にアレンジするのもオススメですよ。

(記事:リセエージェントD)
【サンプルデッキ】とある魔術の禁書目録限定 宙単デッキ
2019.08.27
8月30日(金)発売予定の「Ver.とある魔術の禁書目録Ⅲ」のカードを使用した、サンプルデッキ『とある魔術の禁書目録限定 宙単デッキ』のデッキレシピとキーカード、簡単なデッキの動かし方を解説していきたいと思います!
 
【サンプルデッキ】とある魔術の禁書目録限定 宙単デッキ

枚数 番号 カード名 Rare Ver
4 LO-1898 超電磁砲 御坂 美琴 SR TOA
4 LO-1899 原子崩し 麦野 沈利 SR TOA
4 LO-1900 天草式十字凄教の聖人 神裂 火織 SR TOA
4 LO-1955 常盤台の最強電撃娘 御坂 美琴 R TOA
4 LO-1957 アイテムのリーダー 麦野 沈利 R TOA
1 LO-1958 未元物質 垣根 帝督 R TOA
3 LO-1959 凄腕のスナイパー 砂皿 緻密 C TOA
3 LO-1962 黒鴉部隊の隊長 シャットアウラ=セクウェンツィア U TOA
3 LO-1963 必要悪の教会 ステイル=マグヌス U TOA
4 LO-1965 天草式十字凄教 神裂 火織 R TOA
3 LO-1968 天草式十字凄教 野母崎 C TOA
4 LO-1969 神の右席 後方のアックア R TOA
2 LO-1970 イギリスの第二王女 キャーリサ R TOA
4 LO-1997 それぞれの道 U TOA
3 LO-2002 アスカロン U TOA
4 LO-2003 カーテナ=オリジナル U TOA
3 LO-2004 七天七刀 U TOA
3 LO-2005 ゲコ太ストラップ U TOA
 
4
4
4
4
4
1
3
3
3
4
3
4
2
4
3
4
3
3

 
【キーカード紹介】


[LO-1955 常盤台の最強電撃娘 御坂 美琴]
アイテムの装備と手札宣言能力の使用の際に支払えるコストを発生するキャラです。このデッキには多くのアイテムや手札宣言能力を持ったキャラが採用されているので、コストの支払いに充てられる機会は非常に多いです。その後の展開を大きく助けてくれるので、最序盤から場に出したいですね。

 
[LO-1965 天草式十字凄教 神裂 火織][LO-2004 七天七刀]
《天草式十字凄教 神裂 火織》は、高いスペックに加えて、登場時に《七天七刀》を手札に加えることができるので、実質手札消費が1枚少なくなっています。さらに、相手ターン中味方キャラにDP+1する能力を持っていますが、そのキャラがアイテムを装備していれば追加でDP+1されます。
《七天七刀》は、装備したキャラのAPとDMGを上げるアイテムですが、手札宣言能力を使用することで防御中のキャラのDPを+3しつつ装備できる奇襲性を持っているのが特徴です。《天草式十字凄教 神裂 火織》と組み合わせることでなんとDP+5!まずバトルに負けることはないでしょう。

 
[LO-1969 神の右席 後方のアックア][LO-2002 アスカロン]
《神の右席 後方のアックア》は《天草式十字凄教 神裂 火織》と同様に、登場時に《アスカロン》を手札に加えることができる高スペックキャラです。アイテムを装備していれば、ターン開始時に未行動になりつつ味方フィールドに移動する能力を持っています。攻撃と防御を両立できるので、自身の高いスペックを最大限生かすことができます。
《アスカロン》は装備していればそのキャラのAPとDPとDMGを1ずつ上昇します。手札宣言能力で使用すれば、味方キャラを未行動にしつつ味方フィールドに移動し、そのキャラにこのアイテムを装備できます。攻撃後のAFキャラに使用して、相手アタッカーを一方的に討ち取ることを狙いましょう。


[LO-2003 カーテナ=オリジナル] 
装備したキャラのAPとDMGに+1しつつ、アイテムを装備しているキャラ全てのAPとDPを+1する効果を持っています。
自身にも適用されるので、装備したキャラはAP+2・DP+1・DMG+1されるということになります。
加えて、装備したキャラを相手の効果で破棄したとき、ゴミ箱の《イギリスの第二王女 キャーリサ》を無償で登場しつつこのアイテムをそのキャラに装備する効果も持っています。対雪属性では積極的に配置していきましょう。


[LO-1898 超電磁砲 御坂 美琴]
自身の登場時に、手札を1枚破棄することで上記のような強力なキャラ、アイテムをデッキから探すことができるキャラです。
ターン開始時に味方キャラにAP+1する能力と、高いスペックから場に登場した後も主力として活躍できます。
 
【デッキの特徴】
『とある魔術の禁書目録限定 宙単デッキ』は、元々高スペックなキャラたちをアイテムや手札宣言能力によってさらに強化し、バトルに勝ち続けることで相手の盤面を蹂躙することを目指すデッキです。単体のキャラが強力な分、キャラがダウンしてしまうと非常に損してしまうので、相手の攻撃をキャラで防御していいかどうかの判断は慎重に行いましょう。
 
【基本的な動き】

◆序盤戦

このデッキのマリガン基準は《常盤台の最強電撃娘 御坂 美琴》と主力カードを探せる《それぞれの道》《超電磁砲 御坂 美琴》辺りになります。
まずは、《常盤台の最強電撃娘 御坂 美琴》に加えてアタッカーを展開しつつ、積極的にキャラにアイテムを装備していきましょう。

◆中盤戦

相手の攻撃を相手ターンにキャラを未行動にする効果や手札宣言能力を生かして止めていきます。《天草式十字凄教の聖人 神裂 火織》や《黒鴉部隊の隊長 シャットアウラ=セクウェンツィア》などが手札にあれば、多少リスクのある止め方をしても相手の突破に対する保険になってくれます。

◆終盤戦

基本的には相手ブロッカーを倒して息切れしたところに高ダメージを叩き込んで勝負を決めます。相手キャラを行動済みにできる《凄腕のスナイパー 砂皿 緻密》が最後の一押しとして重宝します。
 
以上、サンプルデッキ『とある魔術の禁書目録限定 宙単デッキ』のデッキ紹介でした。
デッキの動きやキャラクターが気に入った方は、是非デッキを組んで使ってみてください!
今回紹介したのはあくまでもサンプルデッキですので、デッキを回しながら自分流にアレンジするのもオススメですよ。

(記事:リセエージェントD)
【サンプルデッキ】とある魔術の禁書目録限定 日単デッキ
2019.08.26
8月30日(金)発売予定の「Ver.とある魔術の禁書目録Ⅲ」のカードを使用した、サンプルデッキ『とある魔術の禁書目録限定 日単デッキ』のデッキレシピとキーカード、簡単なデッキの動かし方を解説していきたいと思います!
 
【サンプルデッキ】とある魔術の禁書目録限定 日単デッキ

枚数 番号 カード名 Rare Ver
3 LO-1890 新たなる光の最強構成員 レッサー P TOA
4 LO-1901 番外個体 ミサカワースト SR TOA
4 LO-1902 新たなる光のセクシィ小悪魔 レッサー SR TOA
2 LO-1972 風紀委員 白井 黒子 R TOA
4 LO-1974 第三次製造計画 ミサカワースト R TOA
2 LO-1975 マルチスパイ 土御門 元春 U TOA
4 LO-1976 能力者殺し フレンダ=セイヴェルン R TOA
4 LO-1977 アイテム 浜面 仕上 R TOA
2 LO-1978 アステカの魔術師 ショチトル R TOA
3 LO-1981 清教派の魔女 スマートヴェリー C TOA
4 LO-1982 神の右席 前方のヴェント U TOA
2 LO-1984 新たなる光 ベイロープ R TOA
4 LO-1985 新たなる光 レッサー R TOA
3 LO-1986 新たなる光 フロリス U TOA
4 LO-1987 新たなる光 ランシス U TOA
4 LO-1996 記念撮影 C TOA
4 LO-1997 それぞれの道 U TOA
3 LO-2006 鋼の手袋 C TOA
 
3
4
4
2
4
2
4
4
2
3
4
2
4
3
4
4
4
3

 
【キーカード紹介】


[LO-1977 アイテム 浜面 仕上]
このターン中に移動した味方キャラを対象に、AP+1する能力を持ったキャラです。このデッキには、この能力と同等の能力を持ったキャラが多数搭載されているので、組み合わせることによって高APを実現し、突破や防御に生かしていくのが基本的な動きになります。
加えて、このキャラを未行動の味方キャラ2体を入れ替える能力を持っています。盤面を自由に入れ替えられるだけでなく、入れ替えた2キャラどちらも「このターン中移動した」条件を満たせるので、強化がしやすくなります。


[LO-1890 新たなる光の最強構成員 レッサー]
自身が登場した際に、手札のコストが4点以下のキャラを無償で登場するこができます。実質手札1枚でこのキャラが登場している計算になりますね。
スペックは控えめですが、移動能力もありサブアタッカーとしては十分に活躍できます。さらに、このデッキでは相手ターン中に能力を使用することで「このターン中移動した」条件を満たし、APを上昇させることで相手アタッカーを討ち取る役目も担えるのでより強力なカードとなります。

 
[LO-1985 新たなる光 レッサー][LO-2006 鋼の手袋]
《新たなる光 レッサー》の登場時に、このキャラに《鋼の手袋》を装備することができます。
《鋼の手袋》は、このターン中移動したキャラにAP+1・DMG+1する能力を持っています。攻防両面で活躍できるので、優先的に場に置きたいキャラです。《鋼の手袋》は[手札宣言]能力で装備することもできるので、バトル中に突然装備して能力を使う…といったトリッキーな運用も可能です。


[LO-1976 能力者殺し フレンダ=セイヴェルン] 
このキャラを味方フィールドに移動する能力を持っています。さらに、DFに移動した場合はこのキャラを未行動にすることができます。
アタッカーとして攻撃をした後でもブロッカーとして運用できるので、とりあえず様子見として場に出しておいても無駄になりにくい点が優秀です。


[LO-1974 第三次製造計画 ミサカワースト]
《アイテム 浜面 仕上》と同様の、このターン中移動したキャラにAP+1する能力と、味方キャラ1体にAP+3・DP-3する能力を持っています。相手アタッカーがイベントや能力などで無理矢理突破しようとしてきてもこの大幅な能力値修正で返すことができるので、場に登場しているだけでかなり相手をけん制することができます。終盤では、味方キャラをあえてダウンさせる目的でも使用できます。
 
【デッキの特徴】
『とある魔術の禁書目録限定 日単デッキ』は、軽量な相手ターン中に移動できる能力を持ったキャラと、「このターン中移動した」条件を満たしたキャラを強化する能力を組み合わせて、相手キャラを少ない手札消費で討ち取っていくことを狙うデッキです。主力となるアタッカーも日属性らしい移動能力を持っているので、相手の攻撃はためらわせつつ、こちらは移動を生かして着実にダメージを入れていくことができるのが強みです。
 
【基本的な動き】

◆序盤戦

このデッキのマリガン基準は《新たなる光のセクシィ小悪魔 レッサー》と《第三次製造計画 ミサカワースト》《アイテム 浜面 仕上》《神の右席前方のヴェント》《新たなる光 ベイロープ》などの主力アタッカーになります。
まずは、主力アタッカーを並べていきながら、序盤から積極的に軽量移動キャラで相手アタッカーとの相討ちを狙います。


◆中盤戦

相手の盤面が整ってくると、2体以上のアタッカーで攻撃してきます。このデッキでは1ターンに複数のブロッカーを機能させるのは難しいので、倒すべきキャラを見極めて狙い撃ちしましょう。攻撃面では、焦ってキャラを捨ててダメージを入れにいったりせずに、着実に通せるところを通して地道にダメージを稼いでいきましょう。

◆終盤戦

移動能力を生かして、相手のデッキを削り切りましょう。主力となるアタッカーは[ペナルティ:[1枚ドローする。]]を持っているキャラが多く、ダウンした場合に自分のデッキが1枚減ることは意識して残デッキ枚数を調整したいですね。
 
以上、サンプルデッキ『とある魔術の禁書目録限定 日単デッキ』のデッキ紹介でした。
デッキの動きやキャラクターが気に入った方は、是非デッキを組んで使ってみてください!
今回紹介したのはあくまでもサンプルデッキですので、デッキを回しながら自分流にアレンジするのもオススメですよ。

(記事:リセエージェントD)