デッキラボ|| リセ オーバーチュア トレーディングカードゲーム

デッキラボ

【デッキ紹介】サポートが命! タイトル混合花単デッキ!!
2018.07.19
みなさんこんにちは、デッキラボ研究員です。
今回は久々に花属性を使用したタイトル混合花単ウィニーデッキをご紹介します。
サポートを活かしながら、低コストのキャラで攻める花属性らしいデッキです。
それでは早速見ていきましょう!
【デッキ解説】
今回のキーカード

①:《狐の嫁入り キャスター/玉藻の前》

5コストと重めのカードですが、DMG4の高い攻撃力とSP5を活かして
攻守に渡って活躍できるキャラです。
能力の発動条件を満たせば、このキャラでサポート宣言をして
行動済みになっていても未行動になるため、自身も攻撃できたり
追加でサポート宣言をして味方キャラを強化したりと
「サポーター」のような運用ができます。
AF中央に配置してサポートしやすい盤面を作りましょう!
②:《イビルアクィロー ボレアス》

このデッキのメインアタッカーとなる1枚です。
DMG1なので、一見メインアタッカーとしては力不足に見えますが、
他の味方キャラでサポート宣言をすれば、
コストが2点でありながらDMG4の大型アタッカーに変貌します。
前述した《 狐の嫁入り キャスター/玉藻の前》でサポート宣言をすれば、
APが6まで上がり相手ブロッカーをほぼ確実にダウンさせられるため、
相性抜群です!
《 狐の嫁入り キャスター/玉藻の前》などの
「キャラを未行動にする」能力を持つカードと組み合わせて、
相手のデッキをガンガン削りましょう!
③:「キャラを未行動にする」能力を持つカード
 
 
サポートを軸としたこのデッキになくてはならないサポートキャラです。
このキャラでサポート宣言をしても、能力を発動すれば、
追加でサポート宣言をして味方キャラを強化する動きや
次の相手ターンの防御キャラに選択するなど様々な運用ができます。
《太陽の小町 兼元 灯里》がサポート宣言をすれば、
能力によりAPとDPも強化されるため、非常に強力なキャラです。
積極的にサポート宣言をして、あらゆる状況で活躍させましょう!
【デッキレシピはこちら】
《狐の嫁入り キャスター/玉藻の前》は手札に欲しいカードなので、
初手に無い場合は積極的に引きなおしましょう。
《狐の嫁入り キャスター/玉藻の前》《太陽の小町 兼元 灯里》などの
サポート宣言で強化した《イビルアクィロー ボレアス》
《囁く声が聞きたくて 卯花之佐久夜姫》で未行動にして、
相手に連続攻撃で大ダメージを与えましょう。

いかがでしたでしょうか?
今回は《狐の嫁入り キャスター/玉藻の前》を運用した花単デッキをご紹介しましたが、
他にもいろんな属性を組み合わせたデッキが存在します。
みなさんも好きな属性を使って自分だけのオリジナルデッキを組んでみてくださいね!
次回のコラムもお楽しみに!
【デッキ紹介】パワーで押し切れ! タイトル混合宙単デッキ
2018.07.13
みなさんこんにちは、デッキラボ研究員です。
8月10日に『ガールズ&パンツァー 最終章1.0』が発売されますね!
それに伴い今回は、「Ver.ガールズ&パンツァー 戦車道大作戦! 1.0」の
カードを採用したタイトル混合宙単デッキをご紹介します!
【キーカード解説】
①:《西住流 西住 みほ》

AP5、DP4と優秀なステータスを誇りながらも、誘発能力で
毎ターン同列の味方フィールドに移動し、
攻めと守りの一人二役をこなせるキャラです!
相手のアタッカーの前に登場させて動きを封じましょう。
②:《陽炎 ネルガル》

条件を満たせば一度だけダウンしない優秀なブロッカーです。
宙属性はコストが高いカードがたくさんあるので、
宣言能力の条件は満たしやすいでしょう。
宙単デッキでは高コストキャラが多い分、ブロッカーを出しづらいので
低コストの場持ちが良いブロッカーはとても貴重です。
小回りの利くキャラとして、状況に応じて登場させましょう!
③:《神の鞭》

元から高いステータスを持つキャラが多い宙属性なので、
このカードを装備したキャラにバトルで勝てる相手キャラはほとんどいないでしょう。
上記で説明した《西住流 西住 みほ》《常在戦場 常陸 茉子》などの
1枚でブロッカーの役割も果たしてくれるキャラに装備することで
相手の攻撃を一方的に封じながらこちらの攻撃も確実に通しにいけます。
ただし、高コストキャラにアイテムを装備する形になるので
相手の除去能力には注意しましょう!
【デッキレシピ】
『タイトル混合宙単デッキ』
序盤から『西住流 西住 みほ』『お姉ちゃん 西住 まほ』などの高ステータスキャラを
登場させて、相手にプレッシャーをかけていきましょう。
中盤以降に相手がキャラを展開してきたら『聖槍ロンゴミニアド』
『最果てにて輝ける槍 ランサー/アルトリア・ペンドラゴン』などで除去し
常に盤面を制圧する動きを心がけましょう。

 

いかがでしたでしょうか?
今回紹介したデッキに採用されているカードのほかにも
「Ver.ガールズ&パンツァー 戦車道大作戦! 1.0」には強力なカードがたくさんあります。
みなさんも是非、気になるカードを探して使ってみてください!
それでは次回のコラムもお楽しみに!
【デッキ紹介】獅子奮迅! FGO限定セイバー/ネロデッキ!!
2018.07.09
こんにちは、デッキラボ研究員です。
今回は個人的に好きな《童女謳う華の帝政 セイバー/ネロ・クラウディウス》
を中心に構築したデッキをご紹介します。
雪属性の特徴である除去能力で相手のブロッカーを除去しながら、
日属性の移動能力を生かして空いたスペースに連続攻撃を行うFGO限定デッキです。
【デッキ解説】
今回のキーカード

①:《童女謳う華の帝政 セイバー/ネロ・クラウディウス》

このデッキのメインアタッカーです。
AP2と一見するとアタッカーとしては力不足に見えますが、
能力を発動すれば相手DFのキャラがいない列に移動して直接攻撃が狙えます!
また、行動済みでも移動ができるため、攻撃後にほかの味方フィールドに移動し、
空いたAFに《動物会話 バーサーカー/坂田金時》などの「アグレッシブ」を持つ
キャラを登場させれば、追加ダメージを与えられます。
毎ターン相手DFのキャラがいない列に移動して積極的に攻撃しましょう!
②:優秀な除去カード
 
強力な除去能力を持つキャラです。
このデッキは日属性キャラの移動による直接攻撃を主軸としているため、
相手DFに大型キャラが登場すると、ダメージを与えづらくなります。
能力を発動させて、厄介な大型ブロッカーを除去して大ダメージを狙いましょう!

能力によって行動済みの《磔刑の雷樹 バーサーカー/フランケンシュタイン》などの
AFに存在するデメリット能力を持つキャラも破棄して、空きフィールドも作れるので
《童女謳う華の帝政 セイバー/ネロ・クラウディウス》を生かしやすくなります。
除去だけでなく、味方キャラを破棄したいときにも使いましょう。
③:DMGを強化するカード

《ネロ祭》を発動すれば、味方キャラすべてを優秀なアタッカーとして運用できます。
《童女謳う華の帝政 セイバー/ネロ・クラウディウス》に装備すれば、
移動能力により相手キャラとバトルを回避しやすく、
《ネロ祭》を維持しやすいため相性抜群です!

DMGを強化できる使いやすいカードです。
《ネロ祭》を装備した《童女謳う華の帝政 セイバー/ネロ・クラウディウス》
発動すればDMGが5になり相手に大ダメージを与えられます。
さらに、《令呪》も併用すれば相手のデッキを10枚も減らせるため、
状況に応じて狙ってみましょう!
【デッキレシピはこちら】
《童女謳う華の帝政 セイバー/ネロ・クラウディウス》は初手に必ず欲しいカードなので、
手札にこのカードが無い場合は引きなおしましょう。
序盤から《童女謳う華の帝政 セイバー/ネロ・クラウディウス》《ネロ祭》を装備して、
積極的に直接攻撃をしていきます。
相手が大型キャラを並べ始めたら、《解体聖母 アサシン/ジャック・ザ・リッパー》
などの除去カードで大型キャラを除去しながら、《令呪》でさらに大ダメージを狙いましょう!

いかがでしたでしょうか?
今回は久々にFGO限定でデッキを組んでみたのですが、
FGO以外にも魅力的な作品がたくさんあります。
みなさんも是非好きな作品を使ってデッキを組んでみてくださいね!
次回のコラムもお楽しみに!
【デッキ紹介】移動してガンガン攻めよう!神姫PROJECT日単デッキ
2018.07.02
みなさんこんにちは、デッキラボ研究員です。
今回は、久しぶりに攻撃的なデッキを紹介したくなったので、
神姫PROJECT内でまだ記事にしていないリーダーを使った
神姫限定構築の日単デッキをご紹介します。
【キーカード解説】
①:《オールフォーワン ダルタニアン》

このデッキの中心となる最も重要なカードです!
このキャラ1枚で、日のカードの特徴である移動ギミックを思う存分発揮できます。
宣言能力で相手の空いているDFと同じ縦列の
自分のAFにキャラを移動させてどんどんアタックしていきましょう!
②:《ホワイト・プロミネンス ソル》

《オールフォーワン ダルタニアン》も持っている
「サイドステップ」と非常に相性が良い、ドロー能力を持つキャラです。
このキャラの前後に「サイドステップ」を持つキャラを登場させておくことで、
次のターンに「サイドステップ」を使用した後に、
このキャラの前後に別のキャラを登場させれば、もう1度誘発能力を使用できます。
日の専売特許である移動能力と合わせて、手札を枯渇させない動きを意識しましょう!
③:《天照日輪 アマテラス》

DFに登場させることでこのカードの強みを最大限に活かせます。
DPが0なのでほとんどの場合はバトルで破棄されてしまいますが、
宣言能力でAPを6まで上げられます。
コストが4点以下でDPが6を超えるのは難しいので、
ほぼ全てのキャラとのバトルで相打ちを狙えます!
相手のAFの強力なキャラと同じ縦列のDFに登場させて、
相手がアタックしづらくなるような場を作りましょう!
【デッキレシピ】

『神姫PLOGECT限定構築日単デッキ』

「リーダー」の《オールフォーワン ダルタニアン》の宣言能力を中心に、
日の特徴である移動を駆使して戦うデッキです。
APの高いキャラが多いのでDFに配置して相手の高コストキャラとの
相打ちを狙いながらゲームを進めていきましょう!


いかがでしたでしょうか?
今回紹介したデッキは日の特徴を存分に活かせる内容にしてみました。
攻撃的なデッキが好きな方は是非使ってみてください!
次回のコラムもお楽しみに!
【デッキ紹介】最弱英霊を最強に! タイトル混合雪月デッキ!!
2018.06.20
こんにちは、デッキラボ研究員です。
今回はFGOの中から「最弱の英霊 アヴェンジャー」を最強の英霊にするために
タイトル混合雪月デッキを組んだのでご紹介します。
《偽り写し記す万象 アヴェンジャー/アンリマユ》のDPを上げて
カウンターを狙うコントロールデッキです。
それでは早速見ていきましょう!
【デッキ解説】
今回のキーカード
①: 偽り写し記す万象 アヴェンジャー/アンリマユ》

相手の攻撃を防御しお互いのキャラがダウンしなければ、
相手のデッキにカウンターでダメージを与えるという強力な能力を持っています。
ですが、自身のDPが2しかないため普通にバトルを行えば
このキャラがダウンしてしまいます。
非常に強力な能力を持つ反面、扱いが難しいカードなのです。
この能力を運用しやすくするために、サポート役として相性の良い能力は、
・DPを上げる能力を持つカード
・相手ターン中にキャラを登場させる能力を持つカード
が挙げられます。
これらを持つカードを他のタイトルから集めてデッキを組んでみました。
②:DPを上げる能力を持つカード
 
 
《偽り写し記す万象 アヴェンジャー/アンリマユ》をサポートするため、
DPを上げる能力を持つカードを4種類採用しています。
《地吹雪のカチューシャ カチューシャ》《仮想宝具 擬似展開/
人理の礎 シールダー/マシュ・キリエライト》
はフィールドに存在すれば
宣言するだけでDPを1上げられるため、守りの要となるキャラです。
《デーモンズディーヴァ ディアボロス》以前の記事でご紹介した
《シャドーレイヴン アモン》と一緒に組み合わせれば、
毎ターン、相手ターン終了時までDPを上げられるため、より強固な盤面を作れます。
《雪丸》はDPが上がる分APは1下がってしまうためデメリットのようにも見えますが、
《偽り写し記す万象 アヴェンジャー/アンリマユ》は相手キャラをダウンさせてしまえば
能力が発動できないため、相手キャラをダウンさせない動きができます。
《偽り写し記す万象 アヴェンジャー/アンリマユ》のDPを上げて
カウンターダメージを与えましょう!
③:相手ターン中にキャラを登場させる能力を持つカード

相手の攻撃宣言に対応して能力を発動し、攻撃キャラの同列の味方DFに
《偽り写し記す万象 アヴェンジャー/アンリマユ》を登場させれば、
《偽り写し記す万象 アヴェンジャー/アンリマユ》の能力で相手の隙をついて
カウンターダメージを与えられます。
また、《偽り写し記す万象 アヴェンジャー/アンリマユ》以外のキャラも
登場できるため、状況に応じてそのとき欲しいキャラを登場させて
ゲーム展開を有利に進めましょう!
【デッキレシピはこちら】
「最弱英霊最強への道デッキ (アヴェンジャーデッキ)」

フィールドを固め相手の攻撃をシャットアウトしながら、
相手をじわじわ攻撃するコントロールデッキです。
序盤は《心の欠片》《今は脆き雪花の壁 シールダー/マシュ・キリエライト》
手札の消費を抑えながら、《仮想宝具 擬似展開/人理の礎シールダー
/マシュ・キリエライト》
などの大型キャラを並べて相手の攻撃を防いでいきます。
相手が攻撃宣言をしたら《第29代聖女イレーヌ コレット=アナスタシア》の能力で
《偽り写し記す万象 アヴェンジャー/アンリマユ》を登場させて
相手に大ダメージを与えましょう!
いかがでしたでしょうか? 
今回はアヴェンジャーデッキをご紹介しましたが、
《偽り写し記す万象 アヴェンジャー/アンリマユ》の登場コストは無属性なので
どの属性でも組み合わせられます。
みなさんも是非、他の属性と組み合わせて
自分だけのアヴェンジャーデッキを作ってみてください。
次回のコラムもお楽しみに!