Ver.ビジュアルアーツ 3.0 特集|| リセ オーバーチュア トレーディングカードゲーム

Ver.ビジュアルアーツ 3.0 特集

Ver.ビジュアルアーツ 3.0 特集

【サンプルデッキ】ビジュアルアーツ限定 日単デッキ
2020.10.30
本日10月30日(金)大好評発売中!「Ver.ビジュアルアーツ 3.0」のカードを使用した、サンプルデッキ『ビジュアルアーツ限定 日単デッキ』のデッキレシピとキーカード、簡単なデッキの動かし方を解説していきたいと思います!
 
【サンプルデッキ】ビジュアルアーツ限定 日単デッキ

枚数 番号 カード名 Rare Ver
4 LO-2753 「不可視」の能力者 友利 奈緒 SR VA
4 LO-2754 ゆりっぺ 仲村 ゆり SR VA
4 LO-2823 記憶の還る場所 空門 蒼 R VA
4 LO-2824 「口寄せ」の能力者 西森 柚咲 U VA
4 LO-2831 ガイアの魔物使い 鳳 ちはや U VA
3 LO-2832 猫使い 棗 鈴 R VA
3 LO-2833 トラブルメーカー 三枝 葉留佳 U VA
4 LO-2835 かんしゃく 神尾 観鈴 R VA
1 LO-2849 七影蝶 C VA
1 LO-2850 神への復讐 U VA
4 LO-1256 明るく無邪気な人気アイドル 西森 柚咲 R VA
3 LO-1257 妹に乗り移る柚咲の亡き姉 黒羽 美砂 R VA
4 LO-1265 お気楽 極楽 騒がし乙女 三枝 葉留佳 R VA
4 LO-1272 任命 霧島 佳乃 R VA
3 LO-1288 春原コンボ U VA
3 LO-2039 ファッションデザイナー志望 妃 玲奈 SR VA SP
3 LO-2040 熱血少女 栗生 茜 SR VA SP
4 LO-2130 妖精王 大場 音々 C VA SP
 
4
4
4
4
4
3
3
4
1
1
4
3
4
4
3
3
3
4

 
【キーカード紹介】

  
[LO-1272 任命 霧島 佳乃]  [LO-2753「不可視」の能力者 友利 奈緒]
「ビジュアルアーツ限定 日単デッキ」は《任命 霧島 佳乃》をキーカードとして動くデッキで、味方キャラを能力やバトルでのダウンで場を離れさせることで相手の手札を1枚破棄し、相手の動きを制限することを目指すデッキでした。
「ビジュアルアーツ 3.0」で追加された《「不可視」の能力者 友利 奈緒》は自身を横に置く能力を持っており、《任命 霧島 佳乃》の能力ととても相性がいいものとなっています。それぞれ[ステップ]を持つため相手は防御しにくく、また手札を破棄する能力によって相手がDFにキャラを出すのを遅らせることができる点も強力です。

  
[LO-2823 記憶の還る場所 空門 蒼]  [LO-2849 七影蝶]
《記憶の還る場所 空門 蒼》は登場時に《七影蝶》を配置する能力を持った2ハンドのキャラです。自身を破棄してAPを上げる能力は、相手のDFを突破する際にも有効ですし、またデッキコンセプトの「味方キャラが場を離れたとき」を満たすことができます。
《七影蝶》はこのエリアの下に置かれたカードを好きな枚数破棄することで、味方キャラのAPを上げることができるエリアです。エリアの下にカードを置くには、やはり味方キャラが場を離れることが条件となります。前述の《「不可視」の能力者 友利 奈緒》の能力や、このエリアの効果でAPを上げたキャラで相打ちした場合などでもエリアの下にカードを置くことができますので、下に置かれたカードの不足に困ることはないでしょう。

  
[LO-2754 ゆりっぺ 仲村 ゆり]  [LO-2850 神への復讐]
《ゆりっぺ 仲村 ゆり》は[サイドステップ]を持つ2ハンドのアタッカーで、非常に強力です。それに加えて登場時に《神への復讐》が配置できます。更に、《ゆりっぺ 仲村 ゆり》は登場してから3ターン後に「卒業」置き場に置かれ、任意のキャラに入れ替えることができます。EXが2の制限はありますが、その場で必要なキャラを探すことができ、デッキがより安定して回すことができます。
また《神への復讐》は大幅なAP上昇・DP減少効果を2つ持つエリアで、これを配置することで相手キャラとの相打ちが非常に簡単に行える、とても強力なカードです。このデッキにおいては自ターン中にも使える1つ目の効果も重要で、2ハンドの動けないアタッカーをDPだけで止められている場合でも、相打ちでそのフィールドを空けることができることも重要な動きとなります。


[LO-2835 かんしゃく 神尾 観鈴]
味方キャラが場を離れたとき、相手のデッキを1枚破棄する能力を持つ構築制限のアタッカーです。
前述のカードたち全てと相性がよく、能力やバトルの結果などの条件を問わないため、自ターンと相手ターンの両方で誘発させることも容易に狙えます。うまく使えば5点分の働きをし続けることができ、大変強力といえるでしょう。
場を離れる効果や、APを上昇させる効果を活用し、勝利を目指しましょう!

 
【デッキの特徴】
『ビジュアルアーツ限定 日単デッキ』は相手の手札を破棄させたり、相手のアタッカーに対して効率よく相打ちを狙っていくことで、相手の行動を制限して勝つことを狙うデッキです。豊富な移動能力を持つキャラたちと軽めのキャラたちをうまく使いこなしていきましょう!
 
【基本的な動き】

◆序盤戦

このデッキのマリガン基準は《任命 霧島 佳乃》もしくは《かんしゃく 神尾 観鈴》です。両方いきなり出すのはうまく扱えないので、どちらもある場合は《任命 霧島 佳乃》を優先するとよいでしょう。能力を誘発させ、手札の枚数差をつけていきましょう。
《かんしゃく 神尾 観鈴》から開始した場合は、手札を破棄する効果よりも、[アグレッシブ]と相手の攻撃に対するAP止めを意識した展開ができるとよいでしょう。

◆中盤戦

引き続き、自分に有利な展開を目指します。手札を破棄させる効果がうまく作用させながら相手キャラをダウンさせることができれば、どんどん有利な展開となっていくでしょう。もちろん、相手はそれを嫌って手札を使い切ってくることでしょうが、そうすれば相手の手札から能力値修正をかけるカードなどが打たれにくくなるため、思った通りのゲーム展開を狙えることでしょう。

◆終盤戦

中盤までで有利な状況を続けられれば、勝利まではあと一息です。[ステップ]による移動や能力による相手のデッキの破棄、[アグレッシブ]などを絡めて、相手のデッキを削り切りましょう。
「序盤戦」でも軽く説明しましたが、《任命 霧島 佳乃》が無い場合はこうした展開とはガラリと変わったゲームとなります。状況に応じて動き方を変えていきましょう!
 
以上、サンプルデッキ『ビジュアルアーツ限定 日単デッキ』のデッキ紹介でした。
デッキの動きやキャラクターが気に入った方は、是非デッキを組んで使ってみてください!
今回紹介したのはあくまでもサンプルデッキですので、デッキを回しながら自分流にアレンジするのもオススメですよ。

(記事:リセエージェントD)
【サンプルデッキ】ビジュアルアーツ限定 花単デッキ
2020.10.29
10月30日(金)発売の「Ver.ビジュアルアーツ 3.0」のカードを使用した、サンプルデッキ『ビジュアルアーツ限定 花単デッキ』のデッキレシピとキーカード、簡単なデッキの動かし方を解説していきたいと思います!
 
【サンプルデッキ】ビジュアルアーツ限定 花単デッキ

枚数 番号 カード名 Rare Ver
4 LO-2748 おかーさん役 鳴瀬 しろは SR VA
4 LO-2749 夏の迷い子 加藤 うみ SR VA
4 LO-2796 ネコのおねーちゃん 紬 ヴェンダース R VA
3 LO-2799 七つの海を越えて 七海 R VA
3 LO-2804 星守歌 能美 クドリャフカ R VA
4 LO-2807 願いが叶う場所 古河 渚 R VA
4 LO-2808 ひき逃げ 藤林 杏 U VA
4 LO-2809 クラス委員長 藤林 椋 U VA
4 LO-2846 願いが叶う場所 U VA
3 LO-1165 だんご大家族 古河 渚 SR VA
3 LO-1215 想いを歌に乗せる少女 シオナ R VA
4 LO-1222 彫刻少女 伊吹 風子 R VA
2 LO-1223 とっておきのおまじない百科 宮沢 有紀寧 C VA
3 LO-1225 早苗のパン 古河 早苗 U VA
3 LO-1227 小さなてのひら 岡崎 汐 U VA
4 LO-1282 託された夢 U VA
2 LO-2036 ゴールデンタイム シルヴィア・ル・クルスクラウン・ソルティレージュ・シスア SR VA SP
2 LO-2086 ホワイトグラデュエーション 東雲 希 R VA SP
 
4
4
4
3
3
4
4
4
4
3
3
4
2
3
3
4
2
2

 
【キーカード紹介】

  
[LO-2807 願いが叶う場所 古河 渚]  [LO-2846 願いが叶う場所]
「ビジュアルアーツ限定 花単デッキ」のキーカードは《願いが叶う場所》です。《願いが叶う場所》は「CLANNAD」キャラが登場するたびにドローができるエリアです。キャラを速やかに並べるのが重要な「ビジュアルアーツ限定 花単デッキ」にとって、ドロー効果は非常に有効です。また、キャラがダウンするたびに「願いが叶う場所」置き場にカードを置くことができます。「CLANNAD」キャラは「願いが叶う場所」置き場のカードを消費することで様々な効果を発生できますので、どの効果を狙って動くかは状況に応じて変えていくといいでしょう。 《願いが叶う場所 古河 渚》は登場時に《願いが叶う場所》を配置できます。《願いが叶う場所 古河 渚》の能力で《願いが叶う場所》を配置した場合は、《願いが叶う場所 古河 渚》の登場でのドローはできませんので、ご注意ください。

  
[LO-2808 ひき逃げ 藤林 杏]  [LO-2809 クラス委員長 藤林 椋]
「願いが叶う場所」置き場のカードを増やす新しいキャラたちです。
いずれも味方キャラがダウンしたときに「願いが叶う場所」置き場を増やす能力を持っており、置き場を増やす能力を持つキャラが複数登場していれば、1キャラがダウンするごとに2枚、3枚と置き場を増やすことが可能となりました。
後述の「願いが叶う場所」置き場を消費するカードと合わせて、有利なゲーム展開を狙っていきましょう!

    
[LO-1225 早苗のパン 古河 早苗]  [LO-1227 小さなてのひら 岡崎 汐]  [LO-1282 託された夢]
「願いが叶う場所」置き場のカードを消費するカードたちです。
いずれも強力な効果ですが、以前の「ビジュアルアーツ限定 花単デッキ」での「願いが叶う場所」置き場を増やすために必要な手札枚数が少し重く、強力な使い方がやや難しいカードたちでした。
ですが、新しいカードにより置き場のカードを増やす際にかかる手札の枚数が大幅に減ったため、どれも強力な使い方がしやすくなったのが特徴です。

    
[LO-2749 夏の迷い子 加藤 うみ]  [LO-2799 七つの海を越えて 七海]  [LO-2804 星守歌 能美 クドリャフカ]
もちろん、「CLANNAD」キャラ以外にも強力なキャラが追加されています。
こちら3キャラはAF制限の定番ステータスを持つキャラたちで、どれも「ビジュアルアーツ限定 花単デッキ」のみならずmixでも活躍が見込めることでしょう。
《夏の迷い子 加藤 うみ》は自ターン開始時にデッキの上のカードを確認できる能力を持っており、AFに置きたいキャラ・DFに置きたいキャラをうまく揃えないといけない花単デッキにとって、非常に頼りがいのあるキャラです。
《七つの海を越えて 七海》は攻撃を通す際に有効な能力値操作の能力を使用でき、《星守歌 能美 クドリャフカ》は相手の防御を崩すのに有効な能力を持っています。相手の効果からの破棄や、高コストキャラとのバトルに有利な能力のように、うまく機能すれば強力な効果も併せ持っており、そうした相手にはより強力なカードとして使うことができます!

 
【デッキの特徴】
『ビジュアルアーツ限定 花単デッキ』は2コストキャラを素早く並べ、サポートを含めて盤面を制圧して勝つことを狙うデッキです。通常の花単デッキと比べると、《願いが叶う場所》と「CLANNAD」キャラを組み合わせた展開力の向上に加えて、「願いが叶う場所」置き場を利用したゲーム展開ができるのが強みとなっています!
 
【基本的な動き】

◆序盤戦

このデッキのマリガン基準は《願いが叶う場所 古河 渚》もしくは《願いが叶う場所》です。これらに加えてDMG3のキャラが3体いるとよいでしょう。「CLANNAD」キャラを複数、同一ターンに出すと《願いが叶う場所》のドローの分少しもったいないこともありますが、まずはAFを埋めることを優先してゲームを進めていきましょう。

◆中盤戦

キャラがダウンしそうな際には「願いが叶う場所」置き場を増やし、すぐに空いたフィールドを埋められるようにゲームを進めていきましょう。サポート、サポーター、能力値操作などによりキャラをダウンしないように動くmixの花単と比べると、キャラのダウンを恐れずに動けるのが「ビジュアルアーツ限定 花単デッキ」の強みとなります。

◆終盤戦

「願いが叶う場所」置き場がある程度増えたら、盤面を有利にするために「願いが叶う場所」置き場のカードを使用していきましょう。《小さなてのひら 岡崎 汐》の未行動にする能力によってダメージを大きく与えたり、《託された夢》によって攻防を有利に運んでいけば、勝利は目前でしょう。もちろん、「願いが叶う場所」置き場のカードが大量に溜まれば、《願いが叶う場所》の未行動にする効果を使うこともできます。「願いが叶う場所」置き場が増やせるかどうかはゲームの展開にもかなり左右されますので、状況に応じて動き方を変えていきましょう!
 
以上、サンプルデッキ『ビジュアルアーツ限定 花単デッキ』のデッキ紹介でした。
デッキの動きやキャラクターが気に入った方は、是非デッキを組んで使ってみてください!
今回紹介したのはあくまでもサンプルデッキですので、デッキを回しながら自分流にアレンジするのもオススメですよ。

(記事:リセエージェントD)
【サンプルデッキ】ビジュアルアーツ限定 宙単デッキ
2020.10.28
10月30日(金)発売の「Ver.ビジュアルアーツ 3.0」のカードを使用した、サンプルデッキ『ビジュアルアーツ限定 宙単デッキ』のデッキレシピとキーカード、簡単なデッキの動かし方を解説していきたいと思います!
 
【サンプルデッキ】ビジュアルアーツ限定 宙単デッキ

枚数 番号 カード名 Rare Ver
4 LO-2750 ひげ猫団 久島 鴎 SR VA
4 LO-2751 鬼を追う少女 神山 識 SR VA
4 LO-2752 アウロラ 篝 SR VA
4 LO-2810 鳥白島のスナイパー 野村 美希 R VA
4 LO-2813 他者を蝕む毒 此花 ルチア U VA
4 LO-2814 クローン 此花 アカリ U VA
4 LO-2816 完全共感 しまこ U VA
4 LO-2820 最強のスパイ 朱鷺戸 沙耶 R VA
4 LO-2821 コンパニオンロボット ほしの ゆめみ R VA
4 LO-2822 ふたりで過ごしてきた記念 坂上 智代 R VA
4 LO-2847 ひげ猫団 U VA
1 LO-2848 ひまわり畑 C VA
3 LO-1167 永遠の愛 坂上 智代 SR VA
3 LO-1249 64HITコンボ 坂上 智代 R VA
3 LO-1250 リガールドの赤い牙 岡崎 朋也 C VA
3 LO-1253 魔物を討つ者 川澄 舞 R VA
3 LO-2037 近衛騎士 エロイナ・ディ・カバリェロ・イスタ SR VA SP
 
4
4
4
4
4
4
4
4
4
4
4
1
3
3
3
3
3

 
【キーカード紹介】

  
[LO-2750 ひげ猫団 久島 鴎]  [LO-2847 ひげ猫団]
「Ver.ビジュアルアーツ 3.0」の宙属性の5コストキャラたちは非常に強力な能力値と基本能力を持っていますが、キャラの登場時に使う手札が多かったり、除去された際にキャラの出し直しが難しいことが弱点となっています。《ひげ猫団》はそうしたデッキの弱点をカバーできるエリアです。《ひげ猫団 久島 鴎》から《ひげ猫団》を配置することはもちろん、《ひげ猫団 久島 鴎》が手札に無い状態でも5コストキャラを出す際に《ひげ猫団》を置いてから登場することで、弱点をカバーできます。また、《ひげ猫団》はドロー効果だけでなく能力値操作をする効果もあり、後述の手札宣言能力などを含めて相手の攻撃を防ぐ助けとなるでしょう。

    
[LO-2752 アウロラ 篝]  [LO-2820 最強のスパイ 朱鷺戸 沙耶]  [LO-2822 ふたりで過ごしてきた記念 坂上 智代]
新しい5コストキャラたちです。
《アウロラ 篝》は一度きりですがキャラの入れ替えが可能で、能力を使いきったキャラの入れ替えや攻撃後のキャラを入れ替えてダメージを通す動きなど、[ステップ]と組み合わせて有効な場面は多いでしょう。前述の《ひげ猫団》のドロー効果の誘発を含めれば手札も減らず、使いやすい効果ですね。
《最強のスパイ 朱鷺戸 沙耶》は[ボーナス]を付与することができます。[ステップ]により攻撃を通しやすくなりましたが、相手DFが埋まってきた際に地味ながらも活躍するでしょう。
《ふたりで過ごしてきた記念 坂上 智代》は後述の手札宣言能力と類似した、防御的な能力を持っています。その他の能力値操作と合わせ、高い能力値による圧力がかけられるのが強みです。

  
[LO-2810 鳥白島のスナイパー 野村 美希]  [LO-2821 コンパニオンロボット ほしの ゆめみ]
相手の攻撃宣言に対応して、味方キャラを未行動にしてDFに移動する[手札宣言能力]を持つキャラたちです。手札を持っておくことで、相手にこの2種のカードによって移動して防御する動きを警戒させることができます。5コストキャラたちの能力値はそのままではDP5しかありませんが、能力値操作が可能な様々な能力を持つキャラやエリア、[手札宣言能力]によりかなりの値まで出すことが可能です。

  
[LO-2813 他者を蝕む毒 此花 ルチア] [LO-2848 ひまわり畑] 
《ひまわり畑》はターン開始時に能力値を上昇させる効果を持つエリアです。それに加えて、コスト上昇効果を併せ持っています。これにより、コストが3点や4点のキャラに対して、本来はコストが5点以上の味方キャラにしか使えない効果を使うことができます!苦手な除去デッキに対して有効な能力を持つ《他者を蝕む者 此花 ルチア》の能力によって配置できるのもうれしいところです。


[LO-2816 完全共感 しまこ]
登場時に手札からコスト4点以下のキャラを無償で登場する能力を持っており、展開がゆっくりになりがちなこのデッキでは貴重な効果です。更に《ひまわり畑》と同様にコスト上昇効果に加えて、能力値操作の効果を併せ持っています。[ステップ]を持つためDMG2で攻撃に加わることもでき、非常に器用に使えるキャラといえるでしょう。
 
【デッキの特徴】
『ビジュアルアーツ限定 宙単デッキ』は[ステップ]を持つ優秀な能力値の5コストキャラによって、盤面を圧倒して勝つことを狙うデッキです。出すキャラの枚数が少なくても、[ステップ]による攻撃の通しやすさと[手札宣言能力]による相手への圧力により、見た目以上に器用な動きができるデッキとなっています!
 
【基本的な動き】

◆序盤戦

このデッキのマリガン基準は《ひげ猫団 久島 鴎》もしくは《ひげ猫団》です。これらに加えて大型キャラが1体いるとよいでしょう。図の展開では、1ターン目に《ひげ猫団 久島 鴎》、2ターン目に《ふたりで過ごしてきた記念 坂上 智代》を登場させています。これで手札を3枚残せており、相手のキャラの展開によってはDFに《ふたりで過ごしてきた記念 坂上 智代》を登場させ、攻撃を止めることも狙えます。

◆中盤戦

[手札宣言能力]と能力値操作の効果を駆使し、相手との打点差をつけられるように動きましょう。防御時にもしキャラが落とされても、相手がサポートやイベント・能力などで手札を多く消費していれば大きな問題にはなりません。状況を見極めて行動しましょう。

◆終盤戦

通常の宙単においては、[ステップ]のように横に移動する基本能力はほとんどないのですが、「ビジュアルアーツ限定 宙単デッキ」はそうではありません。[ステップ]に加えて《アウロラ 篝》の能力を合わせれば、確実にダメージを与えることができるでしょう。
 
以上、サンプルデッキ『ビジュアルアーツ限定 宙単デッキ』のデッキ紹介でした。
デッキの動きやキャラクターが気に入った方は、是非デッキを組んで使ってみてください!
今回紹介したのはあくまでもサンプルデッキですので、デッキを回しながら自分流にアレンジするのもオススメですよ。

(記事:リセエージェントD)
【サンプルデッキ】tone work's限定 月単デッキ
2020.10.27
10月30日(金)発売の「Ver.ビジュアルアーツ 3.0」のカードを使用した、サンプルデッキ『tone work's限定 月単デッキ』のデッキレシピとキーカード、簡単なデッキの動かし方を解説していきたいと思います!
このデッキのカードはすべて「Ver.ビジュアルアーツ 3.0」収録の『tone work's』作品のうち「月の彼方で逢いましょう」「月の彼方で逢いましょうSSR」「星織ユメミライ」キャラで構成されています。原作ファンの方はもちろん、「Ver.ビジュアルアーツ 3.0」からの新入生の皆さんにもオススメのデッキですよ!
 
【サンプルデッキ】tone work's限定 月単デッキ

枚数 番号 カード名 Rare Ver
4 LO-2745 夜の街を駆け巡る徘徊少女 新谷 灯華 SR TW
4 LO-2746 『良き嫁』を目指す中二系天才ハッカー 佐倉 雨音 SR TW
4 LO-2747 星に想いを馳せる天文少女 逢坂 そら SR TW
4 LO-2777 クラスの問題児 新谷 灯華 U TW
4 LO-2778 本を愛する文藝部の先輩 日紫喜 うぐいす R TW
1 LO-2779 ビブリオテイク 日紫喜 うぐいす U TW
3 LO-2780 リスクコンサルティング 佐倉 雨音 U TW
4 LO-2781 恋に焦がれる小悪魔?少女 倉橋 聖衣良 R TW
1 LO-2782 卒業制作期間 倉橋 聖衣良 U TW
2 LO-2783 恋愛経験皆無の少女漫画家 岬 栞菜 C TW
2 LO-2784 恋も仕事も妥協しない敏腕編集長 松宮 霧子 C TW
1 LO-2785 我が道を行く女流作家 月ヶ洞 きらり C TW
1 LO-2786 雨音の愛娘 黒野 つきこ C TW
3 LO-2787 再会を”やくそく”した幼なじみ 篠崎 真里花 R TW
3 LO-2788 瞬間を逃さないクラスメイト 瀬川 夏希 R TW
4 LO-2789 水族館を愛する天真爛漫お嬢様 沖原 美砂 R TW
4 LO-2790 自分の世界を奏でるピアノ少女 鳴沢 律佳 R TW
4 LO-2791 気まぐれな、もう一人の転入生 雪村 透子 R TW
2 LO-2840 プラネタリウム C TW
3 LO-2843 立ち入り禁止 R TW
1 LO-2844 月の彼方 C TW
1 LO-2845 運命の選択 U TW
 
4
4
4
4
4
1
3
4
1
2
2
1
1
3
3
4
4
4
2
3
1
1

 
【キーカード紹介】

  
[LO-2745 夜の街を駆け巡る徘徊少女 新谷 灯華] [LO-2845 運命の選択]
《夜の街を駆け巡る徘徊少女 新谷 灯華》は月属性の大型キャラの定番であるDMGを増減する能力に加えて、登場時に《運命の選択》を配置する能力を持っています。《運命の選択》は強力な効果を3回使用できるエリアですが、3ターン経過すると《夜の街を駆け巡る徘徊少女 新谷 灯華》とともに場から離れてしまいます。《夜の街を駆け巡る徘徊少女 新谷 灯華》はこうしたデメリットを含めても強力なキャラですが、「tone work's限定 月単デッキ」においては、後述のエリア《月の彼方》によって《夜の街を駆け巡る徘徊少女 新谷 灯華》を登場したまま使えるのが強みの1つとなります。


[『良き嫁』を目指す中二系天才ハッカー 佐倉 雨音]
登場してからすぐに使えるドロー能力を持つキャラです。ドローを行う毎に「盟約」置き場が増えていき、4枚以上になると破棄されてしまいますが、多くの手札が必要なこのデッキでは重要な手札の供給源となります。更に、自身を横に置く能力も備えています。これにより月属性の大型キャラの定番である、味方キャラの方が少ない場合という条件を邪魔せずにゲームを進めることができるでしょう。


  
[LO-2844 月の彼方]
[LO-2777 クラスの問題児 新谷 灯華] [LO-2778 本を愛する文藝部の先輩 日紫喜 うぐいす] [LO-2781 恋に焦がれる小悪魔?少女 倉橋 聖衣良]

《月の彼方》はターン経過ごとに1枚ずつ下にカードを置いていき、8枚溜まると「つきかな」の「スクール編」から8年後の「アフター編」のキャラが使用できるようになるエリアです。《月の彼方》の《運命の選択》の効果を失わせる効果により、《夜の街を駆け巡る徘徊少女 新谷 灯華》が場から離れるのを防ぐことも可能となります。
《月の彼方》はそのままでは5コストもかかるエリアですが、《クラスの問題児 新谷 灯華》《本を愛する文藝部の先輩 日紫喜 うぐいす》《恋に焦がれる小悪魔?少女 倉橋 聖衣良》はそれぞれ《月の彼方》を無償で配置する能力を持っており、このいずれかを登場することが「tone work's限定 月単デッキ」のカギとなるでしょう。

  
[LO-2779 ビブリオテイク 日紫喜 うぐいす] [LO-2780 リスクコンサルティング 佐倉 雨音] [LO-2782 卒業制作期間 倉橋 聖衣良]
《月の彼方》が8枚溜まった状態で登場できるキャラの一部です。《ビブリオテイク 日紫喜 うぐいす》は高い能力値に加えてキャラ数の差を維持する能力を、《リスクコンサルティング 佐倉 雨音》は特定条件で強いキャラを探す能力を、《卒業制作期間 倉橋 聖衣良》はコストパフォーマンスの高いDMG増減能力を、それぞれ持っています。他にも8枚溜まった状態で登場できるキャラがデッキに存在しており、条件が重い分、いずれも強力な効果を持っています。

  
[LO-2747 星に想いを馳せる天文少女 逢坂 そら] [LO-2790 自分の世界を奏でるピアノ少女 鳴沢 律佳] [LO-2791 気まぐれな、もう一人の転入生 雪村 透子]
もちろん、「つきかな」キャラだけではなく「星織ユメミライ」キャラにも強力なアタッカーが用意されています!
《星に想いを馳せる天文少女 逢坂 そら》は手札宣言能力やイベントを使用するたびにドローできる能力を持つキャラです。相手キャラをDFに移動したり、APやDPを操作する手札宣言現能力やイベントを使用する際、手札の消費を抑えることができます。
《自分の世界を奏でるピアノ少女 鳴沢 律佳》はこれまでにも存在した相手キャラのDF下げ能力と似た能力を持っていますが、更に基本能力まで消すことができます。移動する基本能力を持つため、DFに下げても・・・といった状況を打破できるでしょう。
《気まぐれな、もう一人の転入生 雪村 透子》は一度きりですが、APやDPを操作する能力を持っています。キャラを増やすことなく突破力を高める能力は、このデッキとよくマッチするでしょう。
 
【デッキの特徴】
『tone work's限定 月単デッキ』は「相手ターン開始時、味方キャラの数が相手キャラの数より少ない場合、相手キャラ1体にDMG-1し、自ターン終了時までこのキャラにDMG+1する」といった能力を持つキャラを並べて、盤面を圧倒して勝つことを狙うデッキです。展開速度は速くありませんが、相手キャラをDFに下げる効果とDMGを下げる効果のおかげで味方DFにキャラを並べる必要があまり無く、使いやすいデッキとなっています!
 
【基本的な動き】

◆序盤戦

このデッキのマリガン基準は《本を愛する文藝部の先輩 日紫喜 うぐいす》《クラスの問題児 新谷 灯華》《恋に焦がれる小悪魔?少女 倉橋 聖衣良》などの《月の彼方》を探す効果を持つキャラです。これらに加えて大型キャラが1体いるとよいでしょう。図では《ビブリオテイク 日紫喜 うぐいす》《『良き嫁』を目指す中二系天才ハッカー 佐倉 雨音》を先手1ターン目に、先手2ターン目に《星に想いを馳せる天文少女 逢坂 そら》を登場しています。

◆中盤戦

AFキャラを3マス全てに登場し、相手キャラをDFに下げる効果や《立ち入り禁止》を装備させることで、DMGの応酬で優位に立つようにゲームを進めましょう。《月の彼方》の下に8枚カードが置ければ、《月の彼方》を配置する為に出した《本を愛する文藝部の先輩 日紫喜 うぐいす》などが強化できたり、《夜の街を駆け巡る徘徊少女 新谷 灯華》が効果を使い切っても場を離れないようにできます。
こちらの攻撃を止める動きに対しては《プラネタリウム》や《瞬間を逃さないクラスメイト 瀬川 夏希》の手札宣言能力が有効です。相手DFキャラがダウンしたら、すかさずAFキャラをDFに下げる効果が使えるとなおよいでしょう。

◆終盤戦

相手DFキャラを手札に戻したり、別の列に移動させてダメージを通していきましょう。任意の「つきかな」キャラをゴミ箱から手札に加えられる《リスクコンサルティング 佐倉 雨音》がいれば、より確実にダメージを与えることができるでしょう。
 
以上、サンプルデッキ『tone work's限定 月単デッキ』のデッキ紹介でした。
デッキの動きやキャラクターが気に入った方は、是非デッキを組んで使ってみてください!
今回紹介したのはあくまでもサンプルデッキですので、デッキを回しながら自分流にアレンジするのもオススメですよ。

(記事:リセエージェントD)
【サンプルデッキ】tone work's限定 雪単デッキ
2020.10.26
10月30日(金)発売の「Ver.ビジュアルアーツ 3.0」のカードを使用した、サンプルデッキ『tone work's限定 雪単デッキ』のデッキレシピとキーカード、簡単なデッキの動かし方を解説していきたいと思います!
このデッキのカードはすべて「Ver.ビジュアルアーツ 3.0」収録の『tone work's』作品のキャラで構成されています。原作ファンの方はもちろん、「Ver.ビジュアルアーツ 3.0」からの新入生の皆さんにもオススメのデッキですよ!
 
【サンプルデッキ】tone work's限定 雪単デッキ

枚数 番号 カード名 Rare Ver
4 LO-2743 I Got It ベスリー・ローズ・ディズリー SR TW
4 LO-2744 馴れ合いを嫌う、元・天才子役 鴇崎 摩耶 SR TW
4 LO-2755 交換留学生 ベスリー・ローズ・ディズリー U TW
4 LO-2756 永遠の夢追い人 蒼井 雛多 R TW
4 LO-2758 舞台に憧れる演劇少女 名白 椛 R TW
4 LO-2760 氷上を舞う気高き銀鳥 如月 瑞羽 R TW
4 LO-2761 幼なじみで恋人 如月 瑞羽 U TW
4 LO-2762 妹になりきれない義妹 新見 雪月 R TW
4 LO-2764 やる気のない教育実習生 西園 百々花 U TW
4 LO-2769 バイト・携帯・恋愛禁止の生徒会長 真加辺 碧 R TW
4 LO-2770 恋に憧れるほんわか幼なじみ 森野 雪乃 R TW
3 LO-2771 女子力向上中?の新入学生 藤川 瑠奈 R TW
3 LO-2772 ピザに情熱を注ぐクラスメイト 月島 叶 R TW
3 LO-2773 超体育会系教師 吉沢 愛里 U TW
4 LO-2837 オーロラ C TW
3 LO-2838 神獣パキュラ C TW
 
4
4
4
4
4
4
4
4
4
4
4
3
3
3
4
3

 
【キーカード紹介】


[LO-2744 馴れ合いを嫌う、元・天才子役 鴇崎 摩耶]
3回までコストを発生する能力を持ったキャラです。このコストはイベントか手札宣言能力にしか使用できませんが、このデッキにはそれらのカードが大量に搭載されているので、使い道には困らないでしょう。もう一つの能力は、イベントか手札宣言能力を使用した際に味方キャラを強化する効果になっています。攻防どちらでも有用な効果なので、優先的に場に置きたい1枚です。


[LO-2769 バイト・携帯・恋愛禁止の生徒会長 真加辺 碧]
イベントか手札宣言能力を使用した際に、味方キャラ全てにDP+1しつつ、AFキャラにはさらにAP+1する能力を持っています。上の《馴れ合いを嫌う、元・天才子役 鴇崎 摩耶》と同様に、イベントや手札宣言能力を使用した際の恩恵を引き上げることができるので、これらを複数展開することでどんどん効率がよくなっていきます。自身も味方キャラのDPを+2する手札宣言能力を持っているので、2枚目以降を引き込んでも無駄になりません。


[LO-2743 I Got It ベスリー・ローズ・ディズリー]
雪属性定番の、除去効果の手札宣言能力を持ったキャラです。さらに、使用時にゴミ箱のこのキャラを登場することもできます。登場は任意ですが、少ない手札消費で登場できることになるので、なるべく登場させてあげるといいでしょう。場では《馴れ合いを嫌う、元・天才子役 鴇崎 摩耶》と同様の誘発能力で戦線を支えてくれます。


[LO-2761 幼なじみで恋人 如月 瑞羽] 
相手AFキャラ以外のコストが2点以下のキャラを対象にイベントか手札宣言能力を使用したときに1枚ドローする能力を持っています。主に、味方キャラを対象に強化カードを使用した際と、コストが2点以下の相手DFキャラに除去カードを使用した際に誘発することになるでしょう。単純にイベントや手札宣言能力の手札消費が少なくなるようなものなので、攻防両面で惜しみなく使っていきましょう。


[LO-2755 交換留学生 ベスリー・ローズ・ディズリー]
味方キャラを探してくる能力と手札宣言能力を持ったキャラです。どちらで使用しても好きなキャラを場に出すことができるので、盤面にキーカードを揃えやすくなり安定感を増してくれます。ただし、自身と《I Got It ベスリー・ローズ・ディズリー》は対象外なので注意しましょう。
 
【デッキの特徴】
『tone work's限定 雪単デッキ』は手札宣言能力やイベントの使用時に恩恵を受けられる能力を持ったキャラを並べて、攻防でそれらを生かして優位に立つことを狙うデッキです。キャラの登場コストが軽めで、除去カードもあるので相手の展開に応じたゲームプランを組み立てやすいことが強みです。
 
【基本的な動き】

◆序盤戦

このデッキのマリガン基準は《馴れ合いを嫌う、元・天才子役 鴇崎 摩耶》《バイト・携帯・恋愛禁止の生徒会長 真加辺 碧》《I Got It ベスリー・ローズ・ディズリー》《幼なじみで恋人 如月 瑞羽》といったキーカードが複数展開できるかどうかになります。まずはアタッカーを展開しつつ、厄介な相手キャラがいれば除去して妨害していきましょう。

◆中盤戦

DFキャラを展開し、受けるダメージを抑えていきます。味方キャラのDPを上昇する手札宣言能力を持ったキャラを優先的に手札に残して、相手の突破を狙った動きにも対応できるようにしておきましょう。

◆終盤戦

相手DFキャラを除去してダメージを通していきましょう。誘発効果でのAP・DMG上昇は、確実にダメージが通せるキャラに与えるか、あえて別の列のキャラに与えて突破を狙うかの選択肢があるので、盤面の数値をよく見て判断しましょう。
 
以上、サンプルデッキ『tone work's限定 雪単デッキ』のデッキ紹介でした。
デッキの動きやキャラクターが気に入った方は、是非デッキを組んで使ってみてください!
今回紹介したのはあくまでもサンプルデッキですので、デッキを回しながら自分流にアレンジするのもオススメですよ。

(記事:リセエージェントD)