なぜなにリセ学園|| リセ オーバーチュア トレーディングカードゲーム

なぜなにリセ学園

試験によくでるリセ講座「バトルの手順」
2018.05.20
 皆さんこんにちは。当授業は「そろそろ細かいルールも把握しておきたい」という向学心溢れる皆様のために、指摘されがちなルールを重点解説するスキルアップ講座です。

 2回目のテーマはバトルの手順です。バトル関連のルールには様々な要所がありますが、今回はバトルの開始から終了までの流れをおさらいします。
 
今日のポイント

・バトルは「攻撃の宣言」を解決することで開始します。
・バトル中の行動の宣言は、バトル中宣言タイミングで行います。
・バトル終了時までがバトル中です。
 
攻撃の宣言が成功したらバトルの開始

 攻撃の宣言の解決が成功することで「バトル」が開始します。

 「攻撃」は「行動の宣言」です。キャラの登場や能力の使用と同様、自ターンのメインフェイズに宣言を行い、解決します。
 


 相手の攻撃の宣言に対応して行動の宣言を行うことも可能です。対応した宣言の解決は、他の行動の宣言同様、攻撃の解決前に処理されます。
 

 対応した宣言で攻撃キャラを破棄したり、異なる列に移動した場合、宣言時に指定した攻撃キャラの列が対象「攻撃キャラの置かれている列」を満たすことができず、攻撃の宣言の解決は失敗します。

 ただし、対応した宣言で攻撃キャラを行動済み状態にする場合には注意して下さい。この場合、バトルの解決には影響しません。攻撃キャラは攻撃宣言の時点で使用代償として行動済み状態になります、対応した宣言が行われる時点では既に行動済み状態になっており、あらためて行動済み(もしくは未行動)に操作したとしても、攻撃の解決には影響しません。

 
防御キャラの指定は「行動の宣言」ではありません

 攻撃の宣言が成立した場合、バトルが開始します。手続きは大きくわけて3つに分かれます。
 

 まず、防御側のプレイヤー(非ターンプレイヤー)が防御キャラを指定します。
 これは指定するだけの手続きで、プレイヤーによる「行動の宣言」ではありません。宣言タイミングは提供されず、対応で行動の宣言を行うこともできません。

 
バトル中宣言タイミング

 お互いのプレイヤーは行動の宣言を行うことができます。
 防御キャラが指定されていない場合も行動の宣言を行うことができます。

 宣言できる行動は主に下記です。

 ・イベントの使用 ・能力の使用 ・基本能力の使用 ・サポートの使用

 宣言タイミングの構造はメインフェイズと同様です。
 ターンプレイヤーから宣言を行い、行わない場合は非ターンプレイヤーが宣言を行います。ターンプレイヤーが宣言を行わず、かつ非ターンプレイヤーも宣言を行わない場合、次の手順「バトル結果」に移ります。

 


 
例1
攻撃側「サポートを宣言します。」

攻撃側「続けて宣言をしません。バトル結果の処理に移ります。良いですか?」

防御側「私も宣言をしません。バトル結果の処理に移りますね。」

<バトル結果の処理>

例2
攻撃側「サポートを宣言します。」

攻撃側「宣言することがないので、バトル結果の処理に移ろうと思います。良いですか?」

防御側「それでは、私はイベントの使用を宣言します。」

攻撃側「それではまた私からですね。私は能力を使用します。」

攻撃側「以上です。宣言をせず、バトル結果の処理に移ります。良いですか?」

防御側「はい、私も宣言をしません。バトル結果の処理に移りますね。」

<バトル結果の処理>
 

 非ターンプレイヤーが宣言を行った場合、バトルは結果の処理に進まず、バトル中宣言タイミングのままターンプレイヤーが宣言を行う点に留意して下さい。ターンプレイヤーが結果へ進むことを選択し、続けて非ターンプレイヤーも同意した場合にのみ、結果の処理に進みます。


 
バトルの終了・バトル中

 バトルの結果を計算し、処理し、バトル終了です。

 なお、誘発効果などの条件として表記される「バトル中」は、バトル開始後からバトル終了時までを指します。

 防御キャラの指定~バトル結果~バトル終了時およびバトル終了時に誘発する処理が全て解決されるまではすべて「バトル中」です。
 
 
おまけ「攻撃宣言」

 攻撃の宣言は厳密には下記のように規定されています。
 かえってわかりにくいかもしれません。ご参考程度に。

 
行動が許可される宣言タイミング 自分がTP(ターンプレイヤー)のメインフェイズ
行動の主要素の指定 次の条件を全て満たすキャラクターカード1枚を指定します。
・自分のAFに置かれているキャラクターカード
・未行動状態のキャラクターカード
・「登場ターン制限」の情報を持たないキャラクターカード
対象 次の条件を全て満たすフィールド1つを指定します。
・バトルの対象として指定したキャラクターカード1枚が置かれている列。
要求する使用代償 主要素を行動済み状態にします。
 
※行動の主要素 = 行動の宣言を行う際、最初に指定が必要です。主要素が無ければ宣言を開始できません。
※対象 = 宣言時に「宣言の対象」として指定する要素です。宣言型能力で黄文字で書かれているものと同じです。
※要求する使用代償 = 宣言時に支払いを要求される使用代償です。


 バトルの使用代償は[T]ではない点に留意して下さい。コスト効果等で[T]を賄ったとしても支払いを行うことはできません。また、登場ターン制限を持つキャラは[T]の支払いの対象に指定できませんが、攻撃の宣言は適切な攻撃キャラを主要素として指定できなければ、宣言自体を行うことができません。

(記事:中の人)
 

 
試験によく出るリセ講座「誘発効果」
2018.05.10
 皆さんこんにちは。当授業は「そろそろ細かいルールも把握しておきたい」という向学心溢れる皆様のために、指摘されがちなルールを重点解説するスキルアップ講座です。
 皆様の成績の向上に繋がりましたら幸いです。宜しくお付き合い下さい。

 さて本日のテーマは「誘発効果」です。

 能力欄に[誘発]と記載されているのが誘発効果です。ざっくり言えば条件を満たすと自動的に処理される効果ですね。主にキャラの能力に記載されています。

 
今日のポイント

・処理中でも条件を満たしたら誘発。でも、進行中の処理が全て終わるまでは保留です
・保留した効果が2つ以上ある場合はターンプレイヤーが順番を選べます
・誘発するのは1ターンに1回まで。しかも強制!
 
誘発処理は割り込まない

 誘発効果は効果に記載された条件を満たすと誘発します。他の効果処理中でも、条件を満たした時点で誘発します。
 でもちょっと待って下さい、誘発したからといってすぐに効果が処理されるわけではないのです。

 誘発した効果は、誘発したあと一旦保留され、進行中の処理が終わってから処理されます。
 


 誘発効果が処理されるタイミングは下記のように規定されています。
 
・誘発時に行われている宣言または、宣言の解決の処理後
・ターン・フェイズ・バトルの開始時、終了時
 フェイズ:ウェイクアップ・ウォームアップ・メインフェイズ・エンドフェイズ
 バトル:バトル、バトル中宣言タイミング

 例えば、カードの使用を宣言している最中に誘発した場合は、その宣言の処理が終わった直後に誘発します。解決中でしたらその解決の処理の終わった直後ですね。
 


 特に注意したいのはバトルの結果の計算をしたときです。
 バトルの結果、キャラクターがダウンをしたりデッキが破棄されたりしますが、これによって誘発した効果は全て、バトルの解決が終わった後に処理されます。
 
 
処理の順序はターンプレイヤーが決める

 処理中に2つ以上の効果が誘発してしまったら、この場合は、ターンプレイヤーが指定した効果から処理していって下さい。
 


「処理が終わりました。誘発している効果がA・Bと2つあります。まずBを処理します。」

<Bを処理する>

「残ったAを処理します。」

<Aを処理する>


※上記では割愛していますが、効果が誘発したときは都度その旨を伝えてプレイヤー間で共有しましょう。

 バトルの解決時の誘発も同様です。バトルの処理後に誘発している効果を1つずつ解決します。バトル解決時に誘発した効果とバトル終了時に誘発した効果の処理が同時の点に注意して下さい。
 


 では、効果の処理中にさらに別の誘発効果が誘発してしまった場合はどうでしょう。この場合は未処理の誘発効果にさらに新たな誘発効果を加えて順序を決めます。

 なお、効果の処理は1つずつ選んで処理して下さい。最初に全ての順序を決める必要はありません。
 


「誘発している効果がA・Bと2つあります。まずBを処理します。」

<Bを処理する。その際、新たに誘発効果Cが誘発>

「誘発している効果がA・Cと2つになりました。ではCを処理します。」

<Cを処理する>

「残ったAを処理します。」

<Aを処理する>
 
 
誘発効果は1ターンに1回まで。しかも強制です。

 誘発効果は1ターンに1回までしか誘発しません。1度誘発すると次のターンまでは使用できないのです。

 さらに誘発効果は条件を満たすと自動的かつ強制的に誘発します。
 「今は使いたくないなー」と思ったとしてもダメです。絶対に誘発してしまいます。

 意図しないタイミングで誘発したとしても、そのターンはもう使えなくなってしまうのです。

 更に注意が必要なのは1つの効果処理中に2回条件を満たす場合ですね。この場合も、最初に条件を満たした1回分しか誘発しません。
 

(記事:中の人)
はじめからはじめる「オーガスト1.0」
2018.04.20
いよいよ来週4/27(金)に迫った「Ver.オーガスト 1.0」の発売、楽しみですね!
今回は、そのスターターデッキの内容と、注目カードを紹介します。
ちょっと長くなりますが、お付き合いいただけますと幸いです!

というわけで早速ですが、まずスターターデッキの収録内容はこちら!
※画像をクリックすると大きな画像が見られます!


オーガストファンの皆さんなら、おなじみのキャラクターが並んでいますね!

見ていただければわかる通り、今回のスターターデッキは月単色デッキとなっています。
スターターデッキ専用カードが4種各4枚の16枚、それら以外はブースターパックと共通のカードが44枚で構成されています。
このスターターデッキを買えばすぐにリセを体験できるので、Ver.オーガストからリセを始めるのにうってつけ!
もちろん、バリバリのリセラーの皆さんにもオススメの強力カードが収録されています。

 
[LO-0981 白銀の疾風 アシュリー]

トップバッターは、「あいりすミスティリア!」の看板キャラの1人、アシュリーです!

基礎スペックは標準的ですが、「手札以外から味方キャラが登場」したとき、自身のDMGを4に上昇させることができます。

このスターターデッキでは、この『手札以外からのキャラ登場』がデッキの鍵になっています。

こちらのカードは、スターターデッキ限定収録です。
 

[LO-0966 時空転移]

このデッキのキーカードとなるイベントです! 旧Lyceeからのプレイヤーの皆さんにはおなじみ?の1枚ですね。
自分のデッキから好きなキャラを探して登場することができるカードですが、使い方は様々です。
場に置きたいキャラを選らんで出せるのはもちろん、相手の攻撃対応で防御キャラを出したり、
バトル中にサポート用キャラを追加したり、登場時に効果を発揮するキャラを出したりとトリッキーな動きが満載です。
このカードを使いこなすことが勝利のポイントになりそうです。


[LO-0980 ホームステイ フィーナ・ファム・アーシュライト]

ご存じ月のお姫様です。Ver.オーガストで追加された新基本能力「サポーター」を持っています。
「サポーター」は、コストを支払うこと自身を行動済みにせずにサポートを使用できる能力です。攻撃の手数を減らさずにサポートで相手を突破することができますね!
能力の方は、ゴミ箱からフィーナを出しなおすことができる効果です。上の《白銀の疾風 アシュリー》のような効果を誘発させるのに有用ですね。
こちらのカードは、スターターデッキ限定収録です。


[LO-0898 冥王を虜にしたい希代の踊り子 フランチェスカ]

コストが2点以下に限定されていますが、自分のゴミ箱からキャラを無償で登場できる効果を持っています。
キャラクターとしてのスペックも高い上、《時空転移》同様の役割を持てる強力なキャラクターです。
上手く運用して、相手の計算を狂わせたいですね。
 

[LO-0982 小料理屋「美よし」 更科睦美]

能力はシンプルですが、DFからサポートを追加することで攻撃を補助しつつ能力によって場を空けることができるので、
空きフィールドにキャラを登場する《時空転移》や《冥王を虜にしたい希代の踊り子 フランチェスカ》などと相性がいいですね。
こちらのカードは、スターターデッキ限定収録です。
 

[LO-0983 司祭 エステル・フリージア]

相手キャラクターにいつでもAP-1かDP-1を与えられる、見た目以上に活躍の幅が広い効果を持っています。
この能力だけではそこまで大幅な修正値ではありませんが、《時空転移》や《冥王を虜にしたい希代の踊り子 フランチェスカ》などと併用することで、
思わぬ大物を討ち取ることもできるかも?
こちらのカードは、スターターデッキ限定収録です。
 

[LO-0907 ルキウスの片腕 システィナ・アイル]

登場時に、相手キャラ1体にAP-1することができます。一見地味な効果ですが、このデッキでは重要な1枚です。
このカードを《時空転移》や《冥王を虜にしたい希代の踊り子 フランチェスカ》などからバトル中に登場することで、
本来ならダウンするはずだった味方キャラを守ることができると美味しいですね。


というわけで、一部ではありますがスターターデッキの収録カード紹介でした。
この他にも、相手の計算を狂わせてバトルを有利に進められるカードが多く収録されているので、発売後に是非手に取って確認してみてくださいね!


最後に、このスターターデッキを強化するのにオススメの、ブースターパック収録カードを少し紹介したいと思います!


[LO-0872 月のお姫様 フィーナ・ファム・アーシュライト]

相手ターン限定ではありますが、手札を使わずにコストを発生することができます。
上の《時空転移》《冥王を虜にしたい希代の踊り子 フランチェスカ》《司祭 エステル・フリージア》などのように、相手ターン中に宣言するイベントや能力のコストとして使い、手札を節約しながら戦いましょう!
デッキのキーカードとしてなるべく登場しておきたいキャラなので、《ホームステイ フィーナ・ファム・アーシュライト》の能力でも登場することができるのは嬉しいですね。
 

[LO-0870 努力と信念の白騎士 アシュリー]

自分のキャラクターが登場するたびに、相手キャラのAPかDPを-1することができます。
通常のキャラ登場はもちろん、効果でのキャラ登場でも誘発するので、活躍のパターンが非常に多いカードです。
相手からすると、このキャラが登場しているだけでかなり動きにくくなりますね!
 

[LO-0899 総督の娘 エルザ・ヴァレンタイン]

このキャラが真価を発揮するのは、相手のキャラ登場に対応して《時空転移》などで登場したときです。
相手がキャラを登場しようとしていたフィールドに、このキャラの能力で相手キャラを移動することで、登場フィールドがキャラで埋まってしまうことによって登場を失敗させることができます。
コストはやや重いですが、デッキの切り札になってくれそうです!




以上、「Ver.オーガスト 1.0」スターターデッキ紹介でした。

「Ver.オーガスト 1.0」は来週4/27(金)発売です!
公式イベントやお店でのイベントも目白押しですので、ゴールデンウィークは「Ver.オーガスト 1.0」を遊び倒しましょう!

(記事:リセエージェントD)