営業が往く、リセデッキ強化への道その2|| リセ オーバーチュア トレーディングカードゲーム

営業が往く、リセデッキ強化への道その2

 TOP  リセマガジン 営業が往く 営業が往く、リセデッキ強化への道その2

営業が往く

営業が往く、リセデッキ強化への道その2
2017.04.21
――都内某所

営業「企画続いてしまった…勝利まで遠すぎませんか?」
えらいひと「人は敗北を重ねて成長するんだよ」
営業「…(単色デッキというスタートラインから始めたかったなぁ)」
えらいひと「はい、ルールは変わらずこちら」

 
・はじめからはじめるデッキ(スターターおまけデッキ)でスタート
・カードの追加、差し替えは1回参加ごとに1パックまで
・譲渡やトレードはしてはならない

とにかく公認大会に参加だ!
 
第2回は「カードキングダム溝の口店様」
(突然の企画を温かく迎えてくださってありがとうございます)

Round1  VS日単

 
 
殴りあいでこのAFはマズイ… AFに並ぶ素のDMG差が如実に表れた結果

日単は動きながら前のめりに殴るデッキ。
東京フェスタ以降環境の主流として好成績を残していますね。
こちらの数少ないAP3を動く可能性の高いキャラにあわせて置いてしまうと他の列に移動され、
置物になってしまう可能性が高いのでこちらもAFに注力!
とはいかないのがこのデッキの辛いところ。
中々AFが並べられず打点差をひっくり返すことができず負け


Round2  VS日単
 
日相手にAFが並べられない… 真ん中にキャラが出せない辺り厳しさが滲み出ている


日単再び。
ダメージレースをする上で心強いヘラクレスが初手にあるもののコストが月に偏り、中々出せず。
前回追加した切り札のフォウさんを引くも、使えば逆転といったとこまで辿り着けず。
デッキの地力差が出てしまいました。


そして恒例のデッキ強化タイム!




今回のパックからは…



なんというレオニダスパック。


out
「LO-0036 キャスター/ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト」

in
「LO-0067 ライダー/牛若丸」

前回に引き続き月の中で一番出しにくいモーツァルトを抜いて牛若丸を採用。
デッキ内のEX1枚数は変わりませんが、宙の割合は多くなりました。

2回のパック強化を加えた現在のデッキがこちら
色が変わっているところが元のデッキとの変更点です。
 
No. 属性 カード名 Rare 枚数
LO-0025 セイバー/ジル・ド・レェ U 2
LO-0026 アサシン/佐々木小次郎 C 4
LO-0027 キャスター/ウィリアム・シェイクスピア C 4
LO-0028 ランサー/ディルムッド・オディナ U 2
LO-0031 アーチャー/ロビンフッド C 4
LO-0034 我が心を喰らえ、月の光 バーサーカー/カリギュラ U 2
LO-0037 ランサー/クー・フーリン C 4
LO-0039 キャスター/ヴァン・ホーエンハイム・パラケルスス C 4
LO-0058 バーサーカー/ランスロット U 3
LO-0059 セイバー/フェルグス・マック・ロイ C 3
LO-0061 アーチャー/エミヤ U 4
LO-0063 ランサー/レオニダス一世 C 3
LO-0064 バーサーカー/スパルタクス C 3
LO-0066 バーサーカー/ヘラクレス C 3
LO-0067 ライダー/牛若丸 C 1
LO-0087 黄金劇場 C 1
LO-0088 お団子 C 2
LO-0092 ファントム・メイデン U 3
LO-0093 ご褒美 C 3
LO-0094 フォウ U 1
LO-0099 雪月花宙日 令呪 R 2
LO-0105 カルデア戦闘服 U 2
 
通算戦績    0勝4敗
使用パック数  2パック

勝利を掴める日はいつになるのか!?