【初心者向けvol.10.5】基本能力の復習!後編|| リセ オーバーチュア トレーディングカードゲーム

【初心者向けvol.10.5】基本能力の復習!後編

 TOP  リセマガジン デッキラボ 【初心者向けvol.10.5】基本能力の復習!後編

デッキラボ

【初心者向けvol.10.5】基本能力の復習!後編
2019.01.15
みなさんこんにちは!
寒さに弱いデッキラボ研究員です。
みなさんは前回の「基本能力の復習!前編」はごらんになられましたか!?
ごらんになりましたよね??
いないとは思いますが、ごらんになっていない方用のリンクはこちら↓
https://lycee-tcg.com/blog/article.php?number=1382

というわけで「基本能力の復習!後編」では、
「リカバリー」「リーダー」「サポーター」「ペナルティ」「ガッツ」「ボーナス」
をご紹介していきます!
【リカバリー】
リカバリーを持ったキャラを登場させたときに、味方キャラの数が相手のキャラより少なければ、記載された効果を得ます。

※味方キャラの数には、登場させたこのキャラ自身も含みます。
また、自分と相手のキャラの数が同じ場合にはリカバリーの効果は得られません。

【代表的なカード】

《やんちゃな後輩 因幡 めぐる》は、リカバリーでアグレッシブを得るので、
相手DFキャラがいないAFに登場させると、一気にダメージを与えられます!
さらに、味方キャラのDMGを+1できるので、
どんどん攻める戦法と相性…ヨシ!
【リーダー】
ゲーム開始前に手札に加えられる基本能力です!
具体的な手順としては、
①ゲーム開始前にリーダーを持つキャラをデッキから取り出す
②ゲーム開始前のドローを6枚行う
③リーダーを持ったキャラを自分の手札に加えてゲーム開始!
このような流れになります。

※デッキはリーダーを持つキャラを含めて60枚で構築します。
リーダーはデッキに1枚以下しか入れられません。(別番号でも合計1枚まで)
※引き直しを行った場合のドローも6枚になります。(ゲーム開始時の手札の枚数は合計7枚)

【代表的なカード】

《記憶喪失の青年 ハク》
うたわれるもののキーカードです。
アシストを持つ「ヤマト」のキャラを無償で登場できる効果を持っているので、
軽いコストのキャラをデッキの下に置いて、
重いコストのキャラをどんどん場に出していきましょう!

【サポーター】
サポーターを持つキャラで「サポート」を宣言したときに、記載されたコストを支払うことで、
行動済みにせずにサポートができます。
※サポーターを持つキャラが未行動の場合にのみ有効です。

【代表的なカード】

《打ち止め ラストオーダー》は、味方のキャラの強化に特化したカード。
隣接していないキャラもサポートできるので、サポーターの効果とは非常に相性が良いです。


【ペナルティ】
ペナルティを持ったキャラが場を離れたときに、記載された効果を得られます。

【代表的なカード】

《一角獣騎士 クリッサ》はコストが日のみでとても軽く、
ペナルティで1ドローできるので、実質コスト無しで登場できるキャラです!
速攻をかける日属性のデッキとはとても相性が良いですね。
【ガッツ】
ガッツを持ったキャラがダウンしたときに、記載されたコストを支払えば、
ゴミ箱に移動した自身を無償で味方フィールドに登場できます。

※バトルでのダウンにのみ有効です。

【代表的なカード】

《天賦の叡智 アーチャー/ニコラ・テスラ》は、登場したときに使えるに[誘発]を持っているので、ガッツで登場させても効果を発揮できます!
手札からの登場とガッツの再登場で相手のデッキを2枚破棄させつつ、DMG4で一気に差をつけましょう!
【ボーナス】
ボーナスを持ったキャラのバトルで、相手のキャラをダウンさせた場合に、
効果を発揮できる基本能力です。
※自身がダウンした場合には発動できません。

【代表的なカード】

《ヤマトのわがまま皇女 アンジュ》は、ボーナスとともに味方を強化する効果を持ったカード。
攻撃の前にステータスを強化して、DMG5かボーナスでの回復を迫っていきましょう!
 
というわけで、今回は「基本能力の復習!後編」でした!
これで基本能力はばっちりですね!
それでは次回もお楽しみに!