【デッキ紹介】SPと高い能力値を活かせ‼ ぱれっと1.0混合花宙デッキ|| リセ オーバーチュア トレーディングカードゲーム

【デッキ紹介】SPと高い能力値を活かせ‼ ぱれっと1.0混合花宙デッキ

 TOP  リセマガジン デッキラボ 【デッキ紹介】SPと高い能力値を活かせ‼ ぱれっと1.0混合花宙デッキ

デッキラボ

【デッキ紹介】SPと高い能力値を活かせ‼ ぱれっと1.0混合花宙デッキ
2021.02.15
みなさんこんにちは、デッキラボ研究員です。
今回は「Ver.ぱれっと 1.0」を主体とした花属性と宙属性で構成された、
花宙MIXデッキのご紹介をします!

以前、ご紹介したぱれっと限定 「恋がさくころ桜どき」デッキを
ご覧になりたい方はこちらをチェック!
【デッキ概要】
〈デッキリスト〉

枚数 番号 カード名 Rare Ver
4 LO-1007 聖グロリアーナ女学院? 西住 みほ SR GUP
3 LO-2037 近衛騎士 エロイナ・ディ・カバリェロ・イスタ U VA SP
4 LO-2226 夢幻の如くなり 安土城 SR OSP
2 LO-2227 隠された宝器 ダノター城 SP OSP
4 LO-2621 ドSで妹な幼なじみ 蓮乃 咲 SR PUR
3 LO-2622 超能力者 杏奈 SR PUR
3 LO-2751 鬼を追う少女 神山 識 SR VA
4 LO-2873 神社の娘巫女 一ノ瀬 美桜 SR PAL
4 LO-2874 無防備な妹 浅葉 こなみ SR PAL
4 LO-2875 自称恋の妖精 ティナ SR PAL
4 LO-2876 小悪魔生徒会長 神鳳 杏 SR PAL
4 LO-2877 学食ウェイトレス 月嶋 夕莉 SR PAL
4 LO-2878 学園理事長の娘 瀬名 愛理 SR PAL
4 LO-2889 真影の暗殺者 月嶋 花子 R PAL
4 LO-2893 ツンデレ死神 エレオノーラ R PAL
3 LO-2918 恋の妖精 R PAL
1 LO-2715 決別 U PUR
1 LO-2931 桜並木 C PAL
 
4
3
4
2
4
3
3
4
4
4
4
4
4
4
4
3
1
1
[オーダーステップ]や[オーダーチェンジ]を持つ宙属性の中型キャラを軸に、
サポート性能に優れた花属性のキャラを組み合わせ、
高い能力値を駆使し、攻撃と防御の両方でバトルを有利に立ち回るデッキです。

MIXデッキにすることにより、高いDMGを持ちつつドロー能力で手札を補充できる
《夢幻の如くなり 安土城》《鬼を追う少女 神山 識》
低コストで高いSPと[サポーター]を持つ
《聖グロリアーナ女学院? 西住 みほ》を採用することが可能となりました。
ぱれっと限定 「恋がさくころ桜どき」デッキと基本的な動きは同じですが、
構築の幅が広がり、今後の伸びしろに期待できる点もこのデッキの魅力の1つです。
【キーカード解説】
①:《自称恋の妖精 ティナ》《学園理事長の娘 瀬名 愛理》
 
2つの属性を採用している、このデッキの動きを安定させるキャラです。

《自称恋の妖精 ティナ》は、手札の事故を防ぎながら、
キャラの展開を支援する能力を持ちます。
[[花]]または[[宙]]のどちらかの属性のコストを[宣言]で発生できるため、
2つの属性を採用しているデッキに起こる事故を防ぐことが可能です。
[サイドステップ]も持っているため、[宣言]能力が使えなくなっても
相手のアタッカーと同列のDFに移動して、相手からの攻撃を防ぎましょう!

《学園理事長の娘 瀬名 愛理》は、ゴミ箱またはデッキから
EX2でDMG1以下のキャラを登場させる能力を持ちます。
前述の《自称恋の妖精 ティナ》を登場させるのが基本的な動きですが、
高いSPを持つ《聖グロリアーナ女学院? 西住 みほ》
相手の能力値を下げつつ味方キャラを強化する《隠された宝器 ダノター城》を登場させるなど、
状況に合わせて対応しましょう!

②:《小悪魔生徒会長 神鳳 杏》《ツンデレ死神 エレオノーラ》
 
フィールドを移動する能力を活かしたキャラです。

《小悪魔生徒会長 神鳳 杏》は、フィールドを移動する能力に特化した能力を持っており、
味方キャラに[オーダーステップ]と[オーダーチェンジ]を与えられるため、
攻守に渡って活躍します。
DFに登場させた味方キャラに[オーダーチェンジ]を付与し、
味方AFキャラが攻撃をした後に[オーダーチェンジ]でフィールドを入れ替えれば、
1ターンで相手に大ダメージを与えることも狙えるでしょう。
また、他にも相手ターン開始時に味方キャラを未行動にする能力を持っており、
相手ターン中にサポートや防御を活かしやすくなっている点もこのデッキと相性抜群です。

《ツンデレ死神 エレオノーラ》は、[オーダーチェンジ]を持ちながら、
前述した《小悪魔生徒会長 神鳳 杏》をゴミ箱やデッキから登場させる能力を持ちます。
このキャラ自身も[オーダーチェンジ]を持っているため、
[オーダーチェンジ]を活かして相手に追撃したり、
高い能力値で相手キャラの攻撃を防御したりと
状況に応じた幅広い戦略でゲームを進めれるでしょう。

③:《聖グロリアーナ女学院? 西住 みほ》
《鬼を追う少女 神山 識》

 
MIXデッキだから採用できる別タイトルの強力なキャラです。

《聖グロリアーナ女学院? 西住 みほ》は、
コストパフォーマンスに優れた[サポーター]を持っています。
中型の宙属性キャラの能力値にSP3のサポーターを合わせれば、
バトルで味方キャラがダウンしづらくなり、
相手よりゲームを有利に進められるでしょう!

《鬼を追う少女 神山 識》は、味方キャラのDP上昇とドロー能力を持つキャラです。
バトルにおいてDP+2は非常に強力で、相手からの高いAPを活かした攻撃も
味方キャラがダウンすることなく押しとどめられることができるでしょう。
また、[オーダーステップ]を持つキャラを複数採用しているため、
ドロー能力の条件も容易に満たしやすい点も非常に強力です。
【基本的な動き】
●引き直し
《自称恋の妖精 ティナ》が引き直しの基準です。
《自称恋の妖精 ティナ》が手札にいない場合は、
《学園理事長の娘 瀬名 愛理》で登場させるとよいでしょう。
どちらかのカードに加えて、[オーダーステップ]を持つキャラも手札にあれば、
より理想的です。

●序盤

《自称恋の妖精 ティナ》や《学園理事長の娘 瀬名 愛理》を登場させて展開の準備をします。
キーカードが揃っているのであれば《学園理事長の娘 瀬名 愛理》は、
アタッカーとして攻撃を仕掛けましょう。

●中盤


中型キャラを展開し、盤面を強化します。
《小悪魔生徒会長 神鳳 杏》の味方キャラを未行動にする能力と
[オーダーステップ]と[オーダーチェンジ]を与える能力を駆使し、
攻撃・防御の転換を行いつつダメージレースに差を付けましょう。
《小悪魔生徒会長 神鳳 杏》が引けない場合でも、《ツンデレ死神 エレオノーラ》を
引くことができれば、自身の能力で《小悪魔生徒会長 神鳳 杏》と入れ替えられるため、
《小悪魔生徒会長 神鳳 杏》が盤面に登場していないといった状況が生まれづらいです。

●終盤

相手の攻撃を通さず、こちらの攻撃のみを通せる場面を作りましょう。
相手が防御に徹してきた場合でも[オーダーチェンジ]を駆使すれば、
相手のDFキャラが行動済みになった隙を突き、ダメージを与えられます。
能力値の高さを活かし、ゲーム展開を有利に進めましょう!
いかがでしたでしょうか?
今回は「Ver.ぱれっと 1.0 混合花宙デッキ」をご紹介しました。
ご紹介したデッキはあくまでも一例ですので、
他にも面白そうなカードがあれば、ぜひ自分流にカスタムしてみてください。
2つの属性でデッキを構築しているため、構築の幅が広く、今後の変化も楽しみですね。
今回も最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。
それでは、また次回のコラムもお楽しみに!