【デッキ紹介】 [T]能力で差を付けろ!! とある科学の一方通行 ミックス雪単デッキ|| リセ オーバーチュア トレーディングカードゲーム

【デッキ紹介】 [T]能力で差を付けろ!! とある科学の一方通行 ミックス雪単デッキ

 TOP  リセマガジン デッキラボ 【デッキ紹介】 [T]能力で差を付けろ!! とある科学の一方通行 ミックス雪単デッキ

デッキラボ

【デッキ紹介】 [T]能力で差を付けろ!! とある科学の一方通行 ミックス雪単デッキ
2021.06.10
みなさんこんにちは、デッキラボ研究員です。
今回は「Ver.とある科学の超電磁砲T&とある科学の一方通行」を主体とした、
雪属性で構成された雪単ミックスデッキのご紹介をします!

以前、ご紹介した「Ver.とある科学の超電磁砲 限定 雪単デッキ」を
ご覧になりたい方はこちらをチェック!
【サンプルデッキ】とある科学の超電磁砲限定 雪単デッキ
https://lycee-tcg.com/blog/article.php?number=2025
【デッキ概要】
〈デッキリスト〉
枚数 番号 カード名 Rare Ver
4 LO-1891 一方通行 アクセラレータ SR TOA1.0
4 LO-2344 魔王 カリン SR NEX 1.0
4 LO-2345 身も心も癒やす年上メイド イヴ SR NEX 1.0
4 LO-2869 学園のメイド アンジェリーナ・菜夏・シーウェル SR PAL1
4 LO-2870 3年の先輩 天羽 みう SR PAL1
4 LO-2884 みうの母親 天羽 結子 R PAL1
4 LO-3098 最強にして最凶の『悪』 アクセラレータ SR TOA2.0
4 LO-3099 小さな最終兵器 ラストオーダー SR TOA2.0
4 LO-3100 死霊術師 エステル=ローゼンタール SR TOA2.0
4 LO-3112 疑似魂魄 禍斗 R TOA2.0
4 LO-3113 妹達 ミサカ10046号 R TOA2.0
4 LO-3116 シュレディンガーの猫 菱形 蛭美 R TOA2.0
4 LO-2441 迷宮の魔王 R NEX 1.0
4 LO-3195 ベクトル操作 U TOA2.0
4 LO-3201 舜帝の剣 U TOA2.0
 
4
4
4
4
4
4
4
4
4
4
4
4
4
4
4
《一方通行 アクセラレータ》を中心に、「自身を行動済みにして使用する [T]能力」、
「キャラを未行動にする能力」、「相手のキャラの破棄」の3つを駆使して、
有利な状況を作りながら戦う対応力の高いデッキです。
基本的な動きは「とある科学の一方通行限定 雪単デッキ」と同じですが、
ミックスでは雪属性を代表する強力な「キャラの破棄」能力を持つ《魔王 カリン》や、
手札を整える能力に特化した《3年の先輩 天羽 みう》などのキャラを採用できるようになり、
デッキの火力と対応力が向上しています。
【キーカード説明】
①:《一方通行 アクセラレータ》

デッキのコンセプトとなるキャラです。
[宣言]能力で、味方のキャラに[アグレッシブ]を付与できます。
[アグレッシブ]を付与することで、本来は登場したターン中には使えない
自身を行動済みにする [T]能力を使用することが可能です。
DFキャラに[アグレッシブ]を与えた場合は、そのキャラが未行動になるため、
SPを活かした戦い方もできるでしょう!
雪属性で[アグレッシブ]を付与するカードは非常に珍しく、
ゲーム終盤では「詰め」として活躍も期待できます。

②:《魔王 カリン》、《迷宮の魔王》
 
相手のキャラを破棄することができるカードです。
《魔王 カリン》は、相手のキャラを破棄する能力を持つ雪属性カードの中でも、
群を抜いて高い能力値を持ちます。
「迷宮」置き場の枚数が3枚以下の場合、バトルに参加できず、
基本能力は使用できないといったデメリットを持ちますが、
条件を達成した後のリターンは非常に大きく、
相手のキャラを破棄しつつ、AP4・DP4・DMG3のキャラがフィールドに残るため、
戦況を大きく変えられる1枚です。

《迷宮の魔王》は、前述した《魔王 カリン》の能力を最大限引き出すイベントです。
《魔王 カリン》の持つ[誘発]能力と合わせれば、
「迷宮」置き場のカードを一気に2枚増やすことができます。
このデッキでは、AP4のキャラが多く採用されているため、
相手にカードをドローさせてしまうデメリットも比較的に起きづらいでしょう。

③:《小さな最終兵器 ラストオーダー》、
《3年の先輩 天羽 みう》

 
手札の補充を行うキャラです。
《小さな最終兵器 ラストオーダー》は、2つの[宣言]能力を持ち、
「アクセラレータ」の能力値を上げる能力と、手札を増やすことができます。
1つ目の[宣言]能力は、「アクセラレータ」のAP・DPの両方が上がるため、
バトルで有利に立てるでしょう。
2つ目の[T]能力は、手札を補充する能力ですが、この能力には回数の制限がなく、
フィールドに存在する限り毎ターン手札の補充が行えます。
長期戦になるほど相手と手札の差を付けられるため、有利にゲームを進められるでしょう。

《3年の先輩 天羽 みう》は、手札の循環に特化しています。
[宣言]能力は、デッキの上から毎ターン2枚のカードが見れるため、
キーカードやその時欲しいカードを手札に入れやすくなるでしょう。
前述した《一方通行 アクセラレータ》《魔王 カリン》は両方とも、
この能力で容易に手札に入れやすくなるため、非常に相性がいいです。
[誘発]能力は、ゴミ箱からキャラを手札に入れられます。
実質的に手札の消費1枚で手札の循環ができ、
理想的な手札でゲームを進められるでしょう。
【基本的な動き】
●引き直し
引き直しの基準は《一方通行 アクセラレータ》に加えて
《最強にして最凶の『悪』 アクセラレータ》または《小さな最終兵器 ラストオーダー》です。
《一方通行 アクセラレータ》の[宣言]能力で《小さな最終兵器 ラストオーダー》などの、
[T]能力を素早く使用できる手札を目指しましょう。

●序盤

キャラを展開します。
《一方通行 アクセラレータ》を登場させ、[T]能力を素早く使用できる準備をしましょう。
《最強にして最凶の『悪』 アクセラレータ》も合わせて登場できれば、
手札の補充も行えて理想的です。

●中盤

手札を補充しつつ、相手のキャラを破棄する能力を活かしてゲームを進めます。
《魔王 カリン》《迷宮の魔王》などで相手のキーカードを破棄して流れを掴みましょう。
相手の展開や行動によって「キャラの破棄」「攻めの強化」「守りの強化」を、
選択できる対応力の高さもこのデッキも魅力の1つです。

●終盤

フィールドと手札が整った後は「相手のキャラの破棄」と
「キャラを未行動にする能力」を駆使して、長期戦を狙っていきます。
回数の制限がなく、手札の補充ができる《小さな最終兵器 ラストオーダー》で、
相手と手札の差をじっくり広げ、勝利のタイミングを見極めましょう。
いかがでしたでしょうか?
「Ver.とある科学の超電磁砲T&とある科学の一方通行」を主体とした
雪属性で構成されたデッキをご紹介しました。
ご紹介したデッキはあくまでも一例ですので、
ぜひ自分流にカスタムしてみてください。
今回も最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。
それでは、また次回のコラムもお楽しみに!